津別町】(YouTube)タウンニュースつべつ#56 一人に一台iPad!?津別中学校ギガスクール最前線!

札幌市】(北海道新聞)「本格的に学べてうれしい」 北大で中学生がAI制御ロボ作り体験
北大人材育成本部ダイバーシティ研究環境推進室と公益財団法人KDDI財団は18日、人工知能(AI)制御で動く車両型ロボットを作る中学生対象の体験型理科実験教室「『感じて』動くロボットを作るには」を同大で開催し、参加者は大学生レベルのプログラミングに挑戦した。同教室は2019年から始まり今回で4回目。同大大学院情報科学研究院の小林孝一准教授(46)が講師を務め、市内の中学生10人が小型二輪車両ロボットのプログラミングを行い、白い紙に記された黒い線の上を走らせる「ライントレース」に取り組んだ。

別海町】野付小学校 【野付小学校】授業参観日
12月10日(金)授業参観日でした。感染予防にご協力いただきながら多くのご参観に感謝申し上げます。一人一台タブレット端末が使用できるようになり、参観授業のあと、各家庭への持ち帰りのための説明の時間を設定しました。他にも、来年度の連絡票についてなどもお伝えしました。説明会の後は学級懇談で2学期の様子と冬休みに向けてのお話をしました。

乙部町】乙部中学校 乙部街づくりコンテスト
みなさん、こんにちは。今日は、3年生の社会科で行った「街づくりコンテスト」の様子をお伝えします。地方自治の授業の中で、今後の乙部町をどのようにしたらよいかということを考えプレゼンテーションソフトでまとめました。1人1台端末を活用し、自分の考えを発表し、プレゼン力を鍛えました。5人の代表者を各班で選び、代表の5人に発表してもらいました。「森をつかった町おこし」「特産物やSNSを使った町おこし」など生徒の若い感性が詰まったものでした。この作品は、後日町役場に送付する予定でいます。今後の街づくりに役立ててもらえたら嬉しいですね

函館市】椴法華中学校 思春期教室終わる / 一人一台端末持ち帰り終了
2学期も残すところ、約1週間となりました。先日行われた思春期教室のようすをご紹介します。今回は、本日発行の3年学級通信からです。◇一人一台端末、持ち帰り終了。昨日12月16日(木)に、一人一台端末の持ち帰りを行いました。今回の第1目標は、ご家庭のwifiに接続できるかでした。本校から午後7:00すぎにグーグルクラスルームを利用し課題が配信され、早い生徒で2分後に返信。無事、この日自分で持ち帰った生徒については、全員の返信を確認しました。また、今日の朝は「健康観察」のグーグルフォームを家庭で入力、家庭から送信も無事成功しました。

【北海道】