不登校の子どもへのオンライン授業拡充へ
オンライン授業ができるよう、小中学生や高校生に配備されるタブレット端末をいかし、県教育委員会は不登校の児童や生徒を対象にしたカリキュラムを設ける方針を固めた。

福井県  コロナに備えて教育用タブレット端末を整備
新型コロナウイルスによる臨時休校に備え、県内全ての小中学生に1人1台タブレット端末を整備することになり、県教育委員会ではオンライン教育の充実を目指すとしている。(6月19日)

福井県 コロナに備えて教育用タブレット整備
県内すべての小中学生に1人1台タブレット端末を(教育長報告)

福井県 知事「第2波防止と経済回復」
16日に提案されたおよそ111億円の補正予算案には、第2波に備えた病床の確保やウイルス検査体制の充実に加え、教育支援としてオンライン授業のためのタブレット端末を県立学校の生徒1人あたり1台、配備することが盛り込まれています。

福井県 県立中高校の全生徒にタブレット貸与
新型コロナウイルス感染による休校に備え、福井県教育委員会は、在宅で双方向の授業ができるよう福井県立中高校計28校の全生徒に貸与するタブレット端末約1万3600台を購入する。貸し出し用にモバイルルーター540台も準備する。購入費など9億3666万円を6月補正予算案に計上した。  県教委は今春、3人につき1台のタブレット端末を3年かけて各校に配備する計画を立てたが、新型コロナを受けて全生徒分とするとともに時期を前倒しした。

【福井県】