うきは市】うきは市の特色ある教育 2022/6/3 1 学力向上の取組☆「ICT教育」の推進
小・中学校にタブレットを導入するとともに各教室のテレビモニターに「アップルTV」を設置しています。また、子どもたちからの発信を助け、共有、蓄積して学び合うことができるように、「ロイロノート」を使用しています。このシステムを構築することで、新しい双方向の授業を実現することができ、子どもたちの授業への意欲を高め、主体的・対話的に学習に取り組む環境を整えています。

大牟田市】教育研究所主催「研修会」(ICTを効果的に活用した学習指導・生徒指導・学級経営講座(2)) 2022/6/3
6月3日(金)、大牟田市教育研究所にて、「ICTを効果的に活用した学習指導・生徒指導・学級経営講座(2)タブレットを活用した家庭学習」の研修会が開催されました。講師は、福岡県ICT支援リーダーである手鎌小学校の柴田祐道先生でした。紹介されたのは、ロイロノートやロイロノートデジタル教科書のアプリを使った家庭学習で、これらの活用により、学習習慣の定着と学力の定着を目指します。「家庭学習は自分のためにやるんだ!」という主体的な学びへ子どもたちを導くために、教師が少し工夫することが大切です。「まずは教師がやってみたいなと思ったことからスタートしてみること。トライ&エラーで少しずつ前進していきましょう」という言葉で話を結ばれました。この研修で得た学びをいかして各学校での実践を重ね、子どもたちの家庭学習がより充実することを目指します。

福岡市】照葉北小学校 タブレット学習 2022/05/13 
5月13日(金)1年生のタブレット学習が始まっています。ドリルアプリをしたり、オンライン授業に向けての「GoogleMeet」の練習をしたりしましたね。

福岡市】(PR TIMES)福岡発!子どもたちのキャリア教育を支援するオンライン教材「ジョブレンズ」が始動 〜ジョブレンズを使っ
一般社団法人ジョブレンズ実行委員会(本社:福岡市中央区/代表理事:岡部知寛)は、子どもたちのキャリア教育を支援するため、地域を支える様々な職業を映像化したweb教材のプラットフォームを無償で提供開始しました。単なる職業紹介動画でなく、地域を支えているリアルな企業や職業人が登場します。キャリア教育・SDGsの教材をオンライン化した「ジョブレンズ」が、福岡市立の小中学校(全213校)で利用可能となりました。

添田町】(PDF)広報そえだ 令和4年5月号 P13 教育のひろば 家庭でのタブレット活用が始まります
国のGIGAスクール構想により、添田町では令和2年度にICT環境の整備を行い、令和3年度から学校でタブレットパソコンや電子黒板を活用した授業が始まりました。令和4年度は家庭にタブレットパソコンを持ち帰り、家庭でタブレットパソコンを活用した学習に取り組んでいきます。また、本年度は新たにモバイルルーターを準備し、コロナ感染などにより出席停止となった児童生徒に貸出し(家庭にインターネット環境がない場合)を行うこととしています。貸出しは、台数の制限や要件などがありますので詳しくは教育委員会に問い合わせください。ICT教育の推進については、家庭においても、タブレットパソコンの使用方法などの指導、インターネット(Wi-Fi)環境の整備が必要となります。ICT教育の推進に伴う皆さんのご理解とご協力をお願いします。

【福岡県】