新宮町】(SENSEI イベントポータル) 【現地開催】GIGAスクールを子ども達と楽しもう!教科別・場面別1人1台端末を使った
山口県より奥田嚴文先生をお招きしてのミニセミナーです。端末は、無料でお貸出しいたします。以下のような内容の予定です。●まずは体験!端末活用型各教科授業●「私ここにこだわりたい!」「僕ってできるじゃん!」個性化・個別化の観点からアイデア授業●端末活用で授業が激変!内気なあの子が授業に参加、協働学習のアイデア●事情でお休みの子も、参加できる「オンライン」「ハイブリット」「オンデマンド」型学習形態実践型解説

福岡市】那珂小学校 くすのき学級・さくら学級 『那珂中交流会』
那珂小学校くすのき学級の5・6年生と、那珂中学校つばさ学級の中学生、そして弥生小学校と宮竹小学校の4校で、『オンライン那珂中交流会』をしました。自己紹介や学級紹介をして、どんな友だちや先輩がいるのか、知ることができました。また、「中学生への質問コーナー」では、那珂中学校の先輩たちが、中学校での学習や学校行事、つばさ学級で取り組んでいることなど、中学校生活について分かりやすく教えてくれました。直接会うことはできませんでしたが、オンラインで交流することができ、貴重な時間になりました。

福岡市】(日本経済新聞)しくみデザイン、小中学校向けのプログラミング教材
システム開発のしくみデザイン(福岡市)は小中学校やプログラミング教室向けに、教材アプリを発売した。特定のグループの中だけで、アプリを使って作ったゲームなどを共有できる。小中学校ではプログラミング教育が必修化されている。民間の塾なども含め、2022年中にも1000校ほどへの導入を目指す。

朝倉市】(FNNプライムオンライン)朝倉市の小学校 ドローン飛ばしてプログラミング授業 九州電力が主催 福岡県
福岡県朝倉市の小学校では、30人の6年生がドローンのフライトに挑戦しました。この体験授業は、2020年度から全国の小学校で必修となった「プログラミング教育」を楽しく学んでもらおうと、設備の点検などにドローンを活用している九州電力が主催しました。子供たちはまず、タブレットを使ってドローンの飛ぶ高さやコースを設定します。プログラミングを終えると、いざフライトです。最初は失敗してしまった子供たち。設定をやり直し、再びチャレンジです。子供たちは、試行錯誤しながら楽しくプログラミングを学んでいました。

小竹町】(PDF)広報こたけ コロナ禍で変わる こたけの学習
小竹町の小中学校では令和3年度から子にのGIGAスクール構想に沿って一人一台タブレットを配置して、授業で活用しています。コロナ禍の今、小竹北小学校、小竹南小学校、小竹西小学校、小竹中学校の児童・生徒の連携を図るため、Zoomを活用した交流を行いました。

【福岡県】