中津市】(PDF)令和3年度 当初予算の概要 ~ デジタル元年、未来に向けて ~
中津市のGIGAスクール構想の実現に向けた予算が紹介されています(15ページ、43ページ)。

大分県 (大分合同新聞)ICT化進む県立高校 活用法を模索 GIGAスクール構想
大分県内では県立高校でもICT化が進んでいる。県教委は2020年度に全生徒分のタブレット端末(約2万2千台)を準備。高校版“GIGAスクール構想”の実現に向け、各学校が活用法を模索する。・・・

大分県 (大分合同新聞)興味や関心を引き 力を伸ばすツールに 「GIGAスクール構想」
児童生徒に1台ずつタブレット端末を整備することで期待される効果や取り組むべき課題は―。教育分野のICT(情報通信技術)活用に詳しい大分大大学院教育学研究科の竹中真希子教授(53)に聞いた。・・・

大分県 (大分合同新聞)新たな学び 1人1台タブレット端末 動き始めた「GIGAスクール構想」
小中学校の児童生徒に1台ずつタブレット端末を整備することなどを目指す国の「GIGAスクール構想」。県内では県立学校を含め、2020年度中に全ての小中学校(一部私立中を除く)への約11万台の配布を終えた。新たな学びが本格的に始まる一方、教員・・・

大分県 (大分合同新聞)進まない端末の持ち帰り セキュリティー、保護者の理解が課題 「GIGAスクール構想」
県内で整備されたタブレット端末は約11万台。設定などの準備を終えた学校から順次使用が始まった。大分合同新聞の調べでは6月30日時点で県内全ての小中学校、県立学校の児童、生徒が授業などで活用しているが、国が求める自宅への端末の持ち帰りを認め・・・

【大分県】