大分県 アニメで授業、出席扱いに 不登校生のオンライン学習 大分県教委「学びへの一歩に」
対人関係が苦手だけれど勉強したい――。家から外に出られない引きこもりや不登校の児童生徒が、アニメのオンライン授業で学習できる取り組みを大分県教育委員会が始めた。

大分県 タブレット端末の調達(開札:令和2年7月10日(金)11時00分)
別府市、佐伯市、臼杵市、津久見市、豊後高田市、杵築市、豊後大野市、由布市 (8団体)の共同調達です。

大分県、166億円の補正予算案 検査機器補助や教員の増員
県は30日、新型コロナウイルス感染症対策166億8061万7千円を計上した2020年度一般会計補正予算案を発表した。国の2次補正予算が成立したのを受け、感染防止対策の強化や学校の学習環境を充実させる経費を盛り込んだ。

竹田市の久住小感染拡大に備え、テレビ会議アプリ導入
竹田市久住町の久住小(伊藤貴久生校長、60人)は25日、テレビ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使った全校授業を開いた。新型コロナウイルス感染に伴う「新しい生活様式」に対応しようと、市教委が推進する教育現場でのICT(情報通信技術)活用の一環。

ICT活用、教職員養成に力 大分県教委、コロナ対策も期待
県教委は本年度、ICT(情報通信技術)を活用できる教職員の養成に力を入れる。改定後の学習指導要領では情報活用能力が重視され、オンラインの遠隔授業などは新型コロナウイルス対策としても期待される。

【大分県】