広島市】鈴張小学校 タブレット端末活用デビュー1年
1年生も本日、タブレット開きを行いました。タブレット端末の置き方や開け方などを一つずつ教えてもらいながら、実際にやってみました。また、タブレット端末を使って写真や動画を撮ってみました。ポーズをとってくれた先生や友達を写したり、自撮りしてみたりしていました。「すごい。すごい」と大喜びの1年生でした。

特別支援学校に支援機器を配備へ
タブレット端末などのデジタル機器の操作が困難な障害がある児童や生徒を支援しようと、広島県教育委員会は県内の特別支援学校に筋肉の動きで操作ができる特殊な機器などを配備することを決めました。

広島市】藤の木小学校 1年2組タブレットで学習
今日は、タブレット端末を使って ドリル学習をしました。ドリル形式に問題が表示され、答えを入力していきます。現代っ子の子どもたちも慣れたもので、どんどん問題を解いていきます。

広島市】五日市小学校 5年生 プログラミング教育をしました。
プログラミング教育を、広島大学・マツダの方と連携して行いました。まず,コンピュータと人間はどこが同じでどこが違うのかについて事前に学習しました。次に, 「『ぶつからない車』はどうやって作られているのか」について予想しました。「ぶつからない車」には、プログラミングの技術が使われていることを動画やスライドで学びました。zoomを活用したオンライン授業の当日は、キーボードを使ってプログラミング言語を入力して、車がぶつからないような指令を出す活動を行いました。障害物の前で車が止まる様子に,子どもたちは「おぉ~」と歓声をあげていました。プログラミングの数値を変えると,車が止まる距離が変化することにも驚いていました。最後に,マツダの講師の方にzoomを介して質問をしました。質問への回答を聞くことで,プログラミングの有効な活用法用や留意点について学びを深めることができました。この学習を通して,様々なものがプログラミングで動いていることに気付くことができました。

広島市】広島女学院中学校・高校 (ICT教育ニュース)iTeachers TV Vol.296 広島女学院中高 今田英樹 先生(
iTeachersとiTeachers Academyは10日、iTeachers TV Vol.296 広島女学院中学高等学校の今田英樹 先生による「Chromebookの授業での活用について ~SAMRモデルに当てはめてみました~(前編)」を公開した。

【広島県】