海南市】海南市教育委員会 (PDF)児童生徒用タブレットパソコンについて
子供たちが手にするタブレットPCは、ノートや辞書などと同様、学校で使用するだけでなく各自持ち帰って家庭学習でも活用することになります。そこで、少しでも使用する時間を増やすため、配付が完了した小学3年生から中学3年生については、冬休み中にタブレットPCを持ち帰ることといたしました。学校や学年によっては、配付が後期になったため充分な事前指導の時間が取れず、電源のON・OFF、ID・パスワードの入力なども不慣れなまま持ち帰ることもございますが、保護者の皆様にも一緒に操作いただくなど子供たちの使用機会の増加に何とぞご協力をお願いいたします。なお、タブレットPCには「ドリル教材」やいくつかのアプリをインストールしておりますので、自主学習などにご活用ください。

海南市】(PDF)市議会だより かいなん No.62
海南市のGIGAスクール構想の実現に向けた取組に関する質疑が掲載されています(2ページ)。

田辺市】(PDF)田辺市議会だより 令和2年8月号
田辺市のGIGAスクール構想とオンライン授業に向けた取組に関する質疑が掲載されています(7ページ)。

海南市】(PDF)学習用タブレット端末を購入(市議会だよりかいなん 63号)
海南市のGIGAスクール構想の実現に基づく1人1台学習用タブレット端末の購入について紹介されています(6ページ)。

高野町】高野山中学校 技術 GIGAスクールについて(タブレットの使い方)
全学年技術の時間を使ってタブレットの使い方を学習しました。 国によるGIGAスクール構想の一環で高野町より一人一台タブレットが配られています。わからないことをインターネットを使って調べる方法や、課題提出アプリを使って先生の質問に答える方法などを実習しました。このタブレットを鉛筆やノートのようなツールとして各教科の学習を進めていきます。

【和歌山県】