館山市】(房日新聞)館山教委 タブレット端末の活用へ 独自モデル作成
国のGIGAスクール構想に基づき、小、中学校に1人1台のタブレット端末が整備されたのを受け、館山市教委は12日、ICT(情報通信技術)教育リーダー養成やタブレットを活用した授業モデルの作成を、市内の教職員でつくる「市教育問題研究委員会」(委員長・佐野清豊房小校長、委員15人)に諮問した。諮問内容は「新時代の学びに向けた1人1台タブレット端末活用の館山市モデルの作成」。タブレットを子どもたちが「自ら考え主体的に行動できる力」を身に付けるツールとして活用し、教わる授業から学び取る授業への変革を目指して、リーダーとなる教育の養成や効果的なタブレット活用法のモデルの作成を求めた。

館山市】2021年05月11日 ICT支援員来校
職員が授業での使用や設定について、質問しています。

柏市】「机が狭い問題」解決 PC活用本格化 天板拡張製品に反響 柏の教材会社 /千葉
小中学校の授業でデジタル端末の活用が本格的に始まった中で思わぬ課題が浮上している。机上に教科書とパソコンを一緒に置くスペースが十分にないという「机が狭い問題」だ。そこで県内の企業が、机の天板を簡単に広げられる製品を開発。学校などから問い合わせが相次いでいるという。プログラミング教育用の教材を扱う「ティーファブワークス」(柏市)が開発したのは、机に取り付けて奥行きを10センチ広げる「天板拡張くん」。常に端末を机上に置けるようにし、文部科学省の「GIGAスクール構想」を応援したいとしている。

市原市】20,500台のWindowsタブレットPC、1人1台環境のメリットを引き出す整備と運用体制
GIGAスクール構想の話は“どの端末を選ぶか”に終始しがちだったが、1人1台環境を学習や学校生活で活かすためには、端末整備だけが重要なのではない。ネットワークや電子黒板、デジタル教科書、授業支援システムといったICT環境整備と、それらを活用する教員の研修や、運用体制の構築にも取り組まなければならない。 そうした総合的な教育ICT環境整備の好例が、千葉県市原市だ。

船橋市】葛飾中学校 GIGAスクール構想
昨年度の後期から各教室に無線LANの工事が入ったり、生徒1人につき1台の端末を夜の時間に充電するための充電保管庫を設置したりと慌ただしい日々が続きましたが、いよいよ本校でも本格的に利用することになりました。ひとつの学年で一斉に利用すると接続に時間がかかるという問題点が出てくるなど、今後やりながら一つ一つの問題を解決していくことになります。ご家庭にある端末でも学校で配付した生徒のアカウントで利用できますので、一度お試しください。その際このホームページでも紹介していますが、文部科学省から出ている端末利用時の注意点等(生徒用と保護者用)をご一読いただきたいです。

【千葉県】