大阪市】大阪日日新聞 ロボットの面白さ知る 子供らプログラム体験
大阪市城東区の今福老人憩の家で4日、プログラミング教室「コスモ・ナレッジ」が開かれ、地域の子どもたち15人がロボットの面白さに触れた。大阪市立大大学院工学研究科の高田洋吾教授が「泳いで! 飛ばして! くっついて! おもしろロボット!」と題して講演し、子どもたちの目を引きつけた。今福地域活動協議会の胡中敏雄さんは「コンピューターの内容が進化しているので、新しい事を取り入れていかないといけない」と話し、大学との連携を重視した。城東区では、2025年4月に公立大学が森之宮に誕生するとあって、連携機運は高い。胡中さんは「城東区で小中高、大学と進学すれば大人になっても地域に残る確率は高くなる」と地域活性化にも期待を寄せた。

岸和田市】(PDF)学校だより 中央小学校 《4年 研究授業 11/12》
くらしの中の和と洋を比較する場面、タブレットをうまく活用しながら、考えをまとめ伝えあっていました。

大阪市】梅香小学校 12/16学習風景4
3年生の図工です。「小さな自分」を風景に入れて写真を撮り、一つの作品にします。いろんな所に出没する小さな自分の入った写真はとっても面白い作品になりそうです。

東大阪市】柏田小学校 iPadのカフートで算数の復習
庭学習に、iPadのカフートで算数の復習してみましょう!

大東市】(讀賣新聞オンライン) 【特集】文化祭で垣間見えた「3年コース」個性の輝き…四條畷学園
四條畷学園中学校・高等学校(大阪府大東市)は今年度、中学で新たに「3年コース」をスタートさせた。3年後の将来を自分の意志で選ぶことが求められるコースだけに、自立心と自主性が成長のカギだ。入学からまだ半年に満たない9月23、24の両日、「発展探究クラス」と「発展文理クラス」の計136人の1期生は、文化祭「畷学祭(なわフェス)」の場で「探究学習」の成果を堂々と発表した。そのユニークさ、自由な研究ぶりから早くもキラリと光る個性の片りんが見えてきた。

【大阪府】