城陽市】(PDF)進む、ICT教育(広報じょうよう 令和3年1月15日)
城陽市のGIGAスクール構想の実現に向けた取組が紹介されています(1ページ)。

舞鶴市】大浦小学校 4月13日(火) 児童用タブレット端末の使用開始
いよいよGIGAスクールによる児童用タブレット端末の使用が始まりました。使用初日には、タブレット端末で広がる学びの可能性や期待感を児童が感じることを大切にしながら、基本的な操作を学んだり、使用上の注意事項などを確認しました。教室内に「うわぁ」「できたっ」という声がたくさん広がっています。GIGAスクールにおいては、ICTを使用することがで目的ではありません。ICTを積極的に使用することによって「主体的・対話的で深い学び」の実現を進め、児童一人一人これからの時代を生き抜くための力をはぐくんでいきます。

京都市】宇多野小学校 わたしの大切な風景(6年)
図画工作科の「わたしの大切な風景」の学習で,運動場や花道,教室など様々な場所をGIGA端末を使って写真を撮り,画用紙に下書きをしました。

福知山市】(両丹日日新聞)小中学校でタブレット1人1台の活用始まる GIGAスクール
京都府福知山市の市立小中学校で児童、生徒、教員に1人1台ずつのタブレット端末を整備し、活用する授業が始まった。タブレットでまとめた自分の考えを大型端末に映して発表したり、写真を撮影して資料を作ったりするなど、学びを充実させるツールとして全教科で日常的に使用していく。

京都府 (京都新聞)タブレット端末の活用は教育現場任せ、使いこなせるか 小中学生に1人1台配備が本格運用開始 
全ての小中学生にパソコンやタブレット端末を1人1台配備する国の「GIGAスクール構想」の本格運用が本年度、全国的に始まっている。子どもらは…

【京都府】