静岡県 小中学生に1人1台のタブレット 国の配備計画、コロナで前倒し 静岡県内では端末奪い合いや財政など課題山積
小中学生に1人1台の学習用端末(タブレット端末)を配備する国の「GIGA(ギガ)スクール構想」で、静岡県内では2021年度末までにほぼ全児童・生徒に端末が行き渡る見込みだ。新型コロナウイルスによる臨時休校もあり、オンライン授業の必要性は高まっている。急ピッチで準備が進む半面、自治体間での端末確保の奪い合い、購入後の維持や買い替え費の負担問題など課題は山積する。

藤枝市 6月補正案学校ICT整備など増額
GIGAスクール構想に基づくICT環境整備(委託・備品購入)で、小学校5億1950万円、中学校2億4900万円増額した。

富士市 産業・事業者 富士市立小中学校校内通信ネットワーク整備事業業務委託 公募型プロポーザル参加希望者の募集
業務は、令和元年12月に国の施策として示された「GIGAスクール構想の実現」のもと、富士市立小中学校において、校内LAN及び充電保管庫の整備を通して、校内通信ネットワーク整備を実施するものである。

富士市 GIGAスクール早期実現へ
富士市は、児童生徒1人1台の端末と高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備する国の総合経済対策の一つ「GIGAスクール構想」の早期実現に向けた取り組みを進める方針を示した。当初計画で令和5年度に完了予定だった小学1年~中学3年の児童生徒1人1台のタブレット端末の整備については、今年度中の完了を目指す。 タブレット端末について当初計画では、文部科学省が示したロードマップに沿って、令和2度に小学5、6年、中学1年生分、3年度に中学2、3年生分、4年度に小学3、4年生分、5年度に小学1、2年生分と、4年かけて1人1台の整備を完了させる予定だったが、4月7日に新型コロナウイルス感染症対策にかかる経費を盛り込んだ本年度補正予算が閣議決定され、1人1台の端末導入の早期実現のために1951億円が計上され、可決成立したことを受け、市ではロードマップを前倒しして本年度に全ての端末の整備完了を目指すこととした。

富士宮市 市長定例記者会見(令和2年6月)
富士宮市では、令和2年度、公立小中学校の全児童生徒に1人1台パソコン10,475台を配備いたします。  文部科学省が進めている「GIGAスクール構想」において、国は当初、令和5年度までに児童生徒1人1台パソコンの導入を目指す計画を立てていましたが、新型コロナウイルスの感染が拡大したことにより、今年5月になってから、早急に1人1台のパソコンを配備すると計画を見直し、国庫補助金も令和2年度限りとすると方針を変更しました。  富士宮市では、国の動向に合わせ、令和2年度中に1人1台パソコンの導入を決め、また、全国で一斉にコンピュータ機器の需要が高くなることが見込まれることから、できるだけ早い時期に整備ができるよう6月補正予算を計上いたしました。

【静岡県】