裾野市】(あなたの静岡新聞)静岡人インタビュー「この人」 岩佐晃伸さん 裾野市教育長に就任
―市内でも始まったギガスクール構想にどう取り組むか。  「始まったばかりで、各校が端末を使った学びに手探りでチャレンジしている。自分の目で各校の活用策を見て、構想充実の手だてを探っていく。現場とともに学んでいきたい」

浜松市】(中日新聞)コロナや貧困対策 浜松市が補正予算案発表
教育関連では、国の「GIGA(ギガ)スクール構想」に対応し、市立の全小中学校の児童生徒にタブレット端末を一台ずつ配備する事業費として二億六千三百万円を計上し、八千四百台を購入。一人一台の配備を、当初の目標だった二二年度から前倒しして本年度中に実現する。  市は二〇年度から段階的にタブレット端末を整備し、これまでに約四万七千台を確保済み。今回の分と本年度の当初予算で確保する九千台を合わせ、目標としていた約六万五千台の確保を達成する。

菊川市】岳洋中学校 (PDF)GIGAスクールがはじまりました(岳洋中学校だより5月号)
令和3年4月 12 日、本校では全学年同時に取り扱い説明を行い、菊川市から貸与された新品の個人用iPadを、ひとりひとりの生徒に学級担任が手渡しました。いよいよGIGAスクールの始まりです。以来、手元に自分用のiPadがあることで、授業中の生徒の表情が生き生きしていま す。活用する場面を楽しみにしているようです。

藤枝市】(毎日新聞)コロナ下、発達障害児にVRリモート授業 静岡・藤枝
新型コロナウイルスの感染拡大で、発達障害児らの「コミュニケーション練習の場の確保」が難しくなっている。そんな中、放課後デイサービスを提供する「リカバリー」(静岡県藤枝市)がVR(仮想現実)を利用したリモート授業を始め、注目を集めている。「3密」を回避しつつ教育機会を提供するのが狙い。

掛川市】(あなたの静岡新聞)教育情報化計画を改定 掛川市、端末の具体的活用法示す
掛川市教育委員会はこのほどGIGAスクール構想を踏まえた新しい学校教育の姿を示す「教育情報化推進基本計画」を策定した。2015年に定めた第1期計画を、小中学生へのタブレット端末配布など教育環境の激変に対応して見直した。GIGAスクール構想を受けて独自で同計画を改定するのは県内市町でも珍しいという。

【静岡県】