宮城県 パソコンやタブレット端末、1人1台「早期に」 小中学校ICT化協議会 /宮城
小中学生にパソコンやタブレット端末を1人1台配ることを柱に国が推進する「GIGAスクール構想」の情報共有のため、県教育委員会は1日、同構想に関する連絡協議会を開き、県内32市町村の担当者が出席した。

角田市 第404回定例会一般質問項目について
・GIGAスクール構想の前倒しについて

富谷市 市立小中学校GIGAスクール用タブレット等購入(入札参加申請書類の取得:6月29日(月)まで)
業務概要 「GIGAスクール構想」の実現のため,児童生徒1人1台端末の実現を図るため,各市立小中学校に対し所要のタブレット端末を導入し,併せてキッティング(端末設定)も行うもの。

石巻市、来年度末まで端末配備 市議会一般質問
石巻市議会6月定例会は16日、一般質問を始めた。オンライン学習などに活用するタブレット端末の市内小中学生への配備について、市は完了時期が2021年度末になる見通しを示した。  端末配備と学校の通信環境整備は、国が「GIGAスクール構想」として推進する。新型コロナウイルスの感染拡大で臨時休校が長期化したことを受け、オンライン授業での活用検討も進んでいる。  市は最適な通信方式などの検討を進めている。20年度内に配備する自治体も多いとの指摘に対し、亀山紘市長は「加速しなければいけない。課題を検討し、できるだけ早く渡せるようにする」と理解を求めた。

東松島市、端末1人1台予算化へ 年度内11小中校に
東松島市は16日、本年度中に市内小中学校の全ての児童生徒に、1人につき1台のタブレット端末を配備する方針を明らかにした。渥美巌市長が市議会6月定例会の一般質問で「遅くとも9月定例会、できれば7月にも臨時議会を開いて予算化する」と答弁した。  市は情報通信技術(ICT)教育の充実を図る文部科学省の「GIGAスクール構想」に基づき、11小中学校に約3000台を配備する。

【宮城県】