竹富町】(八重山毎日新聞) 仕事への理解深める 大原中でキャリア授業
【西表】NTT西日本沖縄支店(古江健太郎支店長)は25日午後、大原中学校1年生13人を対象にリモートで「地域キャリア育成プログラム職場体験授業」を開催した。生徒らは、Web会議システム「Zoom」を活用し、「ありがとう」という身近なキーワードをベースとして、仕事について理解を深めた。大原中1年生は職場体験学習の一環で同支店、N/S高校、ラフ&ピースマザーが連携する「仕事に関するキャリア授業」をワークショップ形式で実施。ファシリテーターが基本的なZoomの使い方を説明し、自己紹介、仕事の定義、最近言われた「ありがとう」についてオンライン上でやりとりした。生徒らは「仕事」に対するイメージについてチャットを介して意見を交わし、ありがとうと言われた瞬間、その時芽生えた気持ちを発表した。最も多かった意見は、家族の手伝いや友人を助けた時に掛けられた「ありがとう」。心が温かくなり、相手を思い敬う気持ちが強くなったという。授業の冒頭でラフ&ピースマザーの動画鑑賞もあった。同支店は、オンライン授業で仕事の仕組みを考えながら世の中の仕事を知ることでキャリア感の醸成を図ろうと、大原中で初めて同体験授業を実施。今後も、離島校のリモート授業を通してICTスキルの向上や、子どもたちの学びを深めていきたい考え。

宮古島市】宮古島市GIGAタイムズ(PDF)
12月6日のyahooニュースに、【小中学生1割依存傾向「ゲームのことばかり考える」「ネットに夢中」】という見出し記事が掲載されていました。今の20代前半以下の子ども達は「z世代」と言われ、生まれたときからインターネットが普及していて、いつでも利用できる状態です。ネット依存症・ゲーム依存症という病気の一種と診断されるケースも出てきました。今号では、「ネット依存・ゲーム依存」に関する特集を発信します。学級・家庭でこのことについて考えてみてください。

うるま市】赤道小学校 「キラリ☆輝く赤道っこⅡ」11月
学校中を廻って見つけた 今日のとっておきの一枚です。

那覇市】曙小学校 今日の授業の様子
今日は4年生と6年生の授業の様子を紹介します。4年1組は算数でこれまでに学習してきた単元の定着を図るための練習に取り組んでいました。2組は国語で話し合い活動の進め方について学習していて、決定した議題に沿ってよりいい話し合いを進めていくにはどうしたらいいのかをグループで確認し合っていました。6年1組は音楽で「ふるさと」をどの楽器を使って合奏するのか、誰がどのパートをやるのかなどグループで話し合っていました。2組は理科で地層の学習のまとめとしてタブレットを使い調べ学習をしていました。

豊見城市】座安小学校 児童朝会(オンライン)
令和3年10月18日(月) オンラインで児童朝会を行いました。今回は、運動会のテーマを発表しました。「 明るく 楽しく コロナに負けない 座安っ子 」をテーマに運動会を盛り上げます!!

【沖縄県】