横浜市】桐蔭学園小学校 (youtube)桐蔭学園小学校2021 フルオンライン授業 ダイジェスト動画①
桐蔭学園小学校のオンライン授業のダイジェスト動画が公開されています。

鎌倉市】神奈川県鎌倉市とふるさとチョイス、ふるさと納税を活用して、子どもたちにSociety5.0を生き抜く力を育むための「鎌倉
神奈川県鎌倉市とふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川村憲一、以下「トラストバンク」)は10月4日、トラストバンクが提供する、クラウドファンディング型でふるさと納税を募る仕組み「ガバメントクラウドファンディング®」(以下「GCF」)で、昨年に引き続き第二弾となる、子どもたちにSociety5.0を生き抜く力を育むことを目的として、学校が魅力的な人材・組織とコラボレーションしながら「社会に開かれた教育課程」を実現する「鎌倉スクールコラボファンド」事業の推進に向けた幅広い支援を募るプロジェクトを開始しました。募集期間は2021年10月4日(月)~12月31日(金)、目標寄付金額は750万円です。

二宮町】二宮中学校 (タウンニュース)オンライン授業 復習にも  二宮中学校3年生に
二宮町の小中学校でオンライン学習が進められている。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、午前授業で始まった2学期。二宮中学校では高校受験を控えた3年生を対象に9月13日から21日までの放課後、オンライン授業を実施した。主要5教科で20分授業を1日2コマ。生徒の端末に黒板と教諭を映したり、教諭が作成した問題演習の解説付きスライド動画などを流したりした。

川崎市】新城小学校 (タウンニュース)新城小 富士通とオンライン授業 省エネアイデアを披露
新城小学校(伊東芳男校長)で9月21日、富士通の社員が講師となり、小学5年生を対象にオンライン授業が行われた。

横浜市】(タウンニュース)公立小中校 端末活用、コロナ禍で加速 一律での実施に課題も
緊急事態宣言下の横浜市立小中学校では、1つの学級を2班に分ける分散登校が行われている。市では児童生徒に貸与しているパソコンなどの端末を家庭学習に活用しようと、自宅への持ち帰りを許可。コロナ禍の「学びの保障」が進む一方、各学校の実情により一律の実施が困難なケースも見られる。

【神奈川県】