相模原市】作の口小学校 5年生: プログラミング(5年生)2023年10月6日
プログラミングをして、レゴブロックを動かす学習をしました。 今回は、自動ブレーキの機能付きの車を作って動かすことを目標に取り組みました。 どのようにプログラミングしたらよいのか、友だち同士で話し合いながら取り組むことができました。

横浜市】横浜市立旭小学校 あさひっ子の様子 「6年生 リアル謎解きに挑戦中!」  2023年10月4日
6年2組では、総合的な学習の時間で謎解きイベントをつくることを通して、学校や地域のことについてさらに詳しくなろうという学習に取り組んでいます。 その一環で、実際にリアル脱出ゲームなどの体験型イベントを企画、運営する仕事をされている(株)SCRAPの方々をお招きし、謎解きのつくり方について教えていただきました。6年2組の子どもたちがつくった謎解きを見ていただきフィードバックをいただいたり、教えていただいたつくり方のポイントを踏まえて実際に謎解きをつくったりする楽しさの中にたくさんの学びがある時間となりました。 今後は、教えていただいたことをいかして、謎解きイベントを実際に開くことを目指して学習が続いていきます。どのような楽しいイベントが開かれるか今から楽しみです。

横浜市】生田東高等学校「ICT利活用授業研究推進校」としての取組 2023年9月25日
本校では、令和4年度の入学生の1人1台端末としてiPadを採用し、Google Classroomにくわえ、ロイロノートも導入しました。これにより、「生徒が自分の興味や関心をもとに探究的に学ぶこと」、「自分が何を学んだか振り返り今後の学習に生かすこと」、「クラスメートと考えを共有し協働的に学ぶこと」をめざしています。専用のアプリ「ロイロノート」では、先生と生徒の間でデータなどを共有し、書き込むことができます。授業の中で生徒が個々で考えたことを共有したり、ウェブサイトやデータを見ながら情報を集めたり、記入したデータを先生に送信するなど、リアルタイムで考えや情報を共有することができます。さらに、対話をする時間を設けることで深く考える時間をつくり、段階的に答えにたどり着くことを意識し、生徒どうしが助け合いながら、より深く理解する学びにつなげます。プレゼンテーションを取り入れた授業も増え、生徒たちは調べたことや、そこから考えたことを表現することで、他者に伝える表現力も磨いています。また、動画を撮ることで、自分の姿を振り返りながら自分で探究することができるため、実技教科や部活動でもICTを利活用しています。  ICTを使うだけでなく、ICTがきっかけとなって先生やクラスメートとのコミュニケーションが活発になっています。

相模原市】谷口中学校 3学年活動: 本日の授業の様子(8/30)
本日の2校時に3年4組において、梅田先生が公開授業を行いました。より良い授業を目指して、研究を進めてまいりたいと思います。

横浜市】青山学院横浜英和高等学校 夏休みの学習環境2023.08.21
夏休み中の行事は、オーストラリア短期留学、ニュージーランド研修・シアトルサマープログラム、各クラブの活動や校外合宿などがおこなわれています。学習面では、夏休み前半のⅠ期、夏休み後半のⅡ期と、各4日間75分間の補習・補講を実施しています。補習は指名制で、授業での不足部分を補います。補講は、事前に開講講座が発表され、生徒の希望制で受講をします。補習は全23講座、補講は全39講座、補講だけで延べ1100名の参加者がいます。中学1年「英語サマートレーニング」は100人を超える参加者の為、3クラスでの開講となりました。高校3年「生物補講」は2名ですが、希望者がいれば開講するので、きめ細かな受験指導に対応できます。75分授業という通常の1.5倍の授業時間なので、授業内で多くの時間を割けない分野にじっくり取り組めるのも魅力です。例えば、高校1年生「英語Listening」講座では、同じ音声を何度も聞き、音読し、発音や意味の理解を繰り返すことによって、リスニング力の向上に取り組んでいます。「英語Reading」講座では天声人語を紹介し、日本語力の強化と、英語訳の天声人語で時事英語にも触れる機会を設けていました。

【神奈川県】