新潟市】生徒に1人1台! PCを使った教育「GIGAスクール」とは? 1人1台のパソコンで変わる学校教育
国は、児童・生徒向けに1人1台の学習用パソコンの配備と高速ネットワーク通信が整備された教育環境を実現する「GIGA(ギガ)スクール」を推進しています。GIGAスクールでは、子ども一人一人に合わせて、これからの時代に必要な資質・能力を育むことを目指しています。今回は、そんな「GIGAスクール」について、新潟市の取り組みを紹介していこうと思います。

妙高市】(新潟総合テレビ)“タブレット×遠隔”で主体的な学び目指す ICT教育推進へ…小学校で珍しい授業
17日に発表された県の新年度予算案では“ICTを活用した学びの変革”に向け新たな予算が組まれました。 こうしたなか妙高市の小学校では、タブレット端末を遠隔授業に活用する珍しい授業が行われました。

柏崎市】北鯖石小学校 第6学年 iPad貸与 GIGAスクール構想
GIGAスクール構想についてですが、令和元年12月に閣議決定された「児童1人1台端末整備」が今月から始まりました。

見附市】GIGAスクール構想の実施に向けて
1月8日(金)、これから各校に導入するタブレット型PCの操作方法について、NS・コンピューターサービスの方を講師に招き、校長研修会として実施しました。

三条市】大島中学校 2年生技術科プログラミング授業(12月17日)
今日の技術はまず,P検の情報モラル検定<中学生用>をネット上で受験し,その後はアルゴリズムについて問題を解いていきました。

【新潟県】