調布市】(ICT教育ニュース)ブリタニカのオンライン百科事典を活用した模擬授業/ドルトン東京学園中等部・高等部 2022/6/1
教育関係者向けセミナー・展示会のイベント「New Education Expo 2022(NEE)東京」が東京ファッションタウンビルで6月2日~4日の3日間にわたり開催された。ブリタニカ・ジャパンでは、オンライン百科事典の展示と同教材を活用したドルトン東京学園 中等部・高等部 司書教諭の関口真弓氏による模擬授業を実施。会場は多くの来場者で賑わった。

世田谷区】東深沢小学校 5/10 全校朝会
5月の全校朝会では、6年生によるあいさつ宣言がありました。 「お手本になるあいさつ」「思いやりのあるあいさつ」6年生と一緒に全校みんなであいさつに取り組んでいきましょうと呼びかけました。校長先生からは、「ひがしのスタンダード2022」についてのお話がありました。自分のタブレットを見ながら、学習や生活のめあてを確かめました。 めあてを達成するために、一人一人の力で気持ちのよい学校生活を送れるようにしていきます。

墨田区】(Yahooニュース)教育現場でのタブレット端末配備が「世界トップクラス」の日本、授業変革は進んだか? 米巨大IT企業ア
―グーグルが教育事業に力を入れる理由は。「誰もが素晴らしい学習体験を享受すべきであると考え、教育と学習の変革を支援するツールを開発しました。一人一人に最適化された環境を提供できるし、共同作業を通じて創造性も高められます」―政府の「GIGAスクール構想」で、自治体が調達した端末の基本ソフト(OS)別のシェアは、グーグルの「クロームOS」が首位でした。「(教育機関は)ITの分析・表現力が高い人ばかりではありません。教員の不安に応えるため、無償研修を手厚く提供しました。海外での成功事例を伝えたことも好評でした」―グーグルの収益源は広告だが、教育事業は。「教育向けツールでは広告を表示しません。無償版のほか、有償版があります。端末の『クロームブック』はメーカーから一定のライセンス収入を得ています」―日本の課題は何でしょうか。「教育現場での端末普及は、日本が世界首位になったと言ってもいい。ただ、経験は浅いです。端末があるからと言って何かが変わるわけではなく、活用して初めて変化が起きます。学校の先生による端末やツールの活用アイデアを公開し、共有できるようにしました」▽採点時間が5分の1に短縮 東京都墨田区立錦糸中学校で社会科を教える古賀隆一郎教員は「端末を使う授業は生徒の意欲が高まる。自分で調べたり、他の生徒と対話したりして学びも深まる」と効果を語った。筆者が今年3月に見学した地理の授業では、生徒が南米の地域経済などの特色を紹介するニュース番組をアイパッドで作っていた。キャスター役の生徒は原稿を文書作成ソフトで表示しながら読み上げ、他の生徒が別の端末のカメラで録画する。教員が一方的に話をする授業ではなく、生徒が共同作業で課題に取り組んでいた。

西東京市】東伏見小学校 5月17日 4年生 社会 都道府県スリーヒントクイズを作ろう ~プログラミングを活用して~
タブレットの中のプログラミング言語「スクラッチ」を使って、道府県名あてスリーヒントクイズを作っています。(東京都は既習です)4年生の子どもたちはスクラッチを手際よく操作していました。この授業で重要な資料となっているのが「地図帳」です。地図帳をよく見ると、地名や山・川の名前だけでなく、その土地の名産品や特徴などが載っています。ページをめくると目的別の日本地図もあります。子どもたちは「地図帳」という「たくさんの情報」の中から、自分に必要な情報を取り出し、クイズという形でタブレットを使って発信して、活用しています。キーワードは「情報活用能力」です。文書やインターネットなどでたくさんの情報が溢れている世の中を子どもたちは生きていくことになります。自分にとって必要な情報を探し、表現する能力を育成してまいります。「では、一度タブレットを閉じてください。Googleフォームで学習の振り返りを配信します」子どもたちは手際よくGoogleclassルームに戻り、担任からの課題を見つけ、取り組み、すぐに提出します。授業の振り返りの提出状況が把握できます。

世田谷区】千歳台小学校 5/10 今日の授業から 2年生 生活
5月10日(火) タブレットを使って2年2組の生活科の学習です。 校庭で撮影してきた、トマトの植木鉢をロイロノートにアップしていま

【東京都】