【渋谷区】
これまでの【渋谷区】関係のニュース
(EdTechZine)渋谷区の官民連携プログラミング教育の今とこれから――「Kids VALLEY」参加企業担当者が語
渋谷を拠点とする企業による「Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト」は、渋谷区立小中学校のプログラミング教育を支援するために2019年に発足した。3年目を迎えたこの夏、「プログラミングサマーキャンプ2021」を開催し、各社がオンライン等でワークショップを実施。8月20日には関係者によるトークセッションが開かれ、活動内容を紹介し意見を交わした。

青山学院中等部 オンライン学習実施
2学期の授業はオンラインでスタートしました。オンライン授業では各教科、映像を撮影したり、コンピュータのソフトを利用して動画を作成したりしています。それぞれの教科が、目的に合わせて様々な工夫をしながら授業を配信しています。また、普段の学校生活と同じく、配信を通して毎日の礼拝を守っています。

臨川小学校 1年生、初めてのタブレット!
1年生もいよいよタブレットデビューをしました!顔認証で自分の顔が写るとうれしそうです。ログインをしたり、オンライン授業のためにTeamsの練習をしたりして、あっという間にタブレットの操作方法を覚えていく1年生の姿に驚きました!

渋谷区立小中学校におけるプログラミング教育を官民連携で推進する「Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト」2021
東急株式会社(以下「東急」)、株式会社サイバーエージェント(以下「サイバーエージェント」)、株式会社ディー・エヌ・エー(以下「DeNA」)、GMOインターネット株式会社(以下「GMOインターネット」)、株式会社ミクシィ(以下「ミクシィ」)、渋谷区教育委員会の6者は、次世代に必要な資質・能力を持った人材を渋谷から輩出する土台づくりを進めることを目的として、2019年6月17日に「プログラミング教育事業に関する協定」(以下、本協定)を締結し、「Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト」(以下、本プロジェクト)を推進しています。プログラミング教育必修化初年度であった2020年度に引き続き、2021年度も、渋谷区の公立小中学校を対象に、講師派遣や授業例提供などの授業支援、プログラミング授業の実施に必要となる知識についての教員研修などを実施します。

富士見丘中学校・高校 中・高1年生 オンライン授業を実施
4月30日(金)、中学・高校の1年生の授業がオンライン形式で行われました。事前に研修をおこない、Teamsというアプリを使って授業を展開していきます。社会情勢は予断を許しません。また、台風や大雪など自然災害、交通障害の際にも授業をおこなうことができます。富士見丘では生徒が安心して学べる体制を常につくっています。

端末整備状況

【渋谷区】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ