【沖縄市】
これまでの【沖縄市】関係のニュース
沖縄市議会 9月議会一般質問「GIGAスクール(オンライン授業)について」沖縄市議会議員 仲宗根 誠
コロナ禍で「不安による自主休校」をしているこども達への対応として『タブレットによるオンライン授業』が期待されています。また、コロナのような緊急事態だけではなく、不登校児への「学びの保障」としても早めの実施が必要です。今後の展望について確認しました。

越来中学校 (PDF)GIGA スクール始まります(学校だより 令和3年7月2日(金))
7月1日(木)5校時、全校生徒へ学習者用クロムブック(タブレット端末)の貸与式を実施しました。今回、沖縄市より一人一台ずつ貸し出されたタブレット端末は、卒業まで同じものを使用することになります。いよいよ本校も GIGA スクールの取り組みが始まります。

美東中学校 GIGAスクール端末貸与式
沖縄市教育委員会から、GIGAスクール端末の貸与が行われました。より深い学習にするために大切に使います。貸与式の後は、情報担当が使用方法やインターネットに関する法律について指導し、端末を利用して全校生徒が校内アンケートに答えました。授業でどう活用されるのか、楽しみです。

(終了)(PDF)令和3年度学力向上推進事業 中学校放課後学習支援教室業務委託 企画提案実施要領
そのため、学習時間の確保、学習習慣の定着に効果的な学習支援策が必要であり、さらに、GIGA スクール構想の実現に向かい配布される「1人1台端末」を活用し、生徒の特性・学習定着度等に応じたきめ細かな指導の充実を図る個別最適な学びにより、基礎的・基本的な知識等を確実に習得させる必要がある。そこで、市内各中学校に放課後学習支援教室を設置し、学習支援業務実施に関する企画提案を募集する。また委託先の候補者を適切に選定するため、公募型プロポーザル方式により委託候補者を選定するものとする。

高速データ通信を地域に活用 ジャパン社、宜野湾市と沖縄市で実施
ジャパンインテグレーション(宜野湾市、新田純也社長)は、無線の高速データ通信を活用して、地域の公共サービスの向上を図る「地域BWA(広帯域移動無線アクセス)」を沖縄市と宜野湾市で実施する。県内で初めて、第5世代(5G)移動通信システムにも対応可能な高度化システムを導入する。公共施設の防災情報共有やWi―Fiの整備、教育活動などに役立てられる。

端末整備状況

【沖縄市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ