【千葉市】
これまでの【千葉市】関係のニュース
千城台西中学校 自分で考えて、自分で決断して、自分で行動する
また、GIGAスクール構想の実現を目指します。文部科学省は、2023年度までに生徒一人一台端末の整備と高速ネットワークの整備を予定していましたが、このコロナ禍の影響で昨年度末までの整備に前倒しされたものです。世界からみると圧倒的に遅れていた学校のICT環境がこの半年で世界レベルに整備され、どのように学習を進めていけばいいのか全教職員が理解を進めているところです。コンピュータを利用して自分の考えを発展したり、AIドリルで一人一人の理解と進度に合った自主的な学習に活用したりすることで、子供たちの情報活用能力をはじめ、国が言う「多様な子どもたちを誰一人取り残すことのなく、公正に個別最適化された創造性を育む教育」を進めることができます。今後は、GIGAスクール構想の実現に向けて全力で準備を進めていきますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

授業や部活動で感染防止の工夫
千葉市中央区にある中高一貫の県立千葉中学校では感染リスクを抑えるため授業にタブレット端末やAIを積極的に導入しています。

蘇我小学校校長挨拶1月
コロナ禍を受け、国のGIGAスクール構想が前倒しになり、児童一人一台のタブレット端末の整備が進み、間もなく完了します。そがっこの1年生も先月12月に、一人一台タブレットの操作方法を学習しました。さすがこの時代の子、戸惑うこともなく新しい教育機器を楽しそうに操作していました。

千葉市立稲毛高等学校GIGAスクールネットワーク整備業務委託(入札参加申請期間:令和2年12月3日(木)まで)
文部科学省が提唱する「GIGAスクール構想」に基づき、高速通信ネットワークの整備を委託するものである。

千葉市におけるGIGAスクール構想の実現に向けて
1人1台端末は令和の学びの「スタンダード」であるとして、令和元年12月、国において、学校における1人1台端末の整備を行うことが決定されました。これを受け、本市においても「わかる授業」のより一層の推進を目指して、子供たち一人一人の教育的ニーズに対応し、児童生徒・教師の能力を最大限に引き出すことができるよう、1人1台の学習用端末(タブレットPC)を整備することになりました。本市におけるGIGAスクール構想に関する基本的な考えを取りまとめましたので、お知らせします。

端末整備状況

【千葉市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ