【松戸市】
これまでの【松戸市】関係のニュース
GIGAスクール構想の実現に伴う、タブレットPC導入の進捗状況(12/18)
令和3年2月末までに、市立小中学校(含 みらい分校)の全児童生徒分を順次導入する予定です。土日を含め、全速力で進めております。 充電保管庫の設置、ネットワーク工事、タブレットPCの導入が完了した学校は以下の通りです。

「2つ、お願いします のつづき」(教育長のページ)
市教育委員会としては、GIGAスクール構想を4年間前倒しして、1人1台のタブレット配布に大至急の作業を進めています。クラウド環境は既に整備されました。小学校は教科書も新しくなり、学習の転換を始める年度になっています。休校で心配された授業時数もなんとか平常時に追いつけそうです。  人はそれぞれに長所短所があります。運動が得意な人、音楽が得意な人、様々です。学習についても復習型が得意な人、予習型が得意な人がいます。自分の「学習の型」をこれからの「多様な学習」の試行錯誤の中で見いだし、児童生徒一人一人が自分の生きる力を身につけていただければ、と願うところです。

北部小学校 12月14日16:00 タブレット初期設定(6年)
GIGAスクール構想に合わせて、一人1台のタブレット使用のために、初期設定を行いました。

南部小学校 12月10日(木)GIGAスクール構想いよいよスタート!
先日、本校にも児童一人一台のPCが届きました。段ボールにして70箱!すごい数です。ここから、さらに一台一台の箱を開け、ビニールをとり、組み立て、個人名のシール(全員分作りました!)を貼り、格納庫にしまい、充電プラグをセットします。これだけで一仕事ですが、まだこれだけでは使えません。ここから、一台一台セットアップをしなければなりません。ユーザーIDやパスワードの入力をしますが、パスワードはすべて個人のものですので、1年生の自力での入力はかなり難しいと思われます。

常盤平第一小学校 学びを止めるな!
今回のこの取り組みは、現在国の施策に応じて松戸市教育委員会が取り組んでいる「GIGAスクール構想」により、本校の校内LAN整備が進展して、一人一台のタブレットが配備されるという状況も視野に入れたものでもありました。

端末整備状況

【松戸市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ