【横須賀市】
これまでの【横須賀市】関係のニュース
市民の声 GIGAスクール構想について
GIGAスクール構想についてお尋ねします。2月頃の新聞に端末の配備がかなり進んでいるとの記事(80%位と記憶している)を見ました。

(タウンニュース)横須賀市公立小中 端末持ち帰り不可 慎重姿勢の市教委
新型コロナの感染拡大に伴い、学校現場ではさまざまな対応に迫られている。登校に不安があり休校する児童生徒も一部いる中で、保護者からオンライン学習を求める声もあるが、学校で使う端末の持ち帰りはできない。市教育委員会はその理由を「各家庭の通信手段や破損時の対応が整っていないため」と市議会のコロナ対策協議会で報告した。

大楠中学校 GIGAスクール & オンライン授業コーナー
大楠中学校のGIGAスクール構想の実現に向けた取組や、Google Classroomのマニュアルが掲載されています。

(PDF)横須賀市GIGAスクール構想整備計画の改定について
「横須賀市GIGAスクール構想整備計画」では、令和2年度中に端末及びネットワーク等の整備を完了し、令和3年4月より運用開始することとしていましたが、小学校及び養護学校の整備について、令和3年度に繰り越したため、計画の改定を行いました。

大楠中学校 GIGAスクールの取り組みが本格的にスタート!
今日の1~3校時に全校でGIGAスクール構想として整備された1人1台端末Chromebookの本校における本格運用開始にむけたスタートアッププログラムに取り組みました。生徒は1~2時間目にChromebookからミライシードの使い方まで、一通り体験した後、3校時の道徳の授業では、Chromebookを使用する上でのルールや情報モラルについて主体的に考えるなど、どの生徒も意欲的に取り組んでいました。今日の3時間を受け、いよいよ明日の朝から生徒は1日、自己管理のもと、授業を中心にChromebookを活用していきます。

端末整備状況

【横須賀市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ