佐賀市】南川副小学校 R4_タブレットを使って2022/7/14
最近、地域の方から「子どもたちは一人ずつパソコン持ってるんでしょう?」や「パソコン使って授業してるんでしょう?」と尋ねられることが増えました。特にコロナ過でもあり、家庭と学校をつないで授業をする必要性も出てきたため、みなさんの関心も高いようです。1学期の授業の中でも、タブレットパソコンを活用した場面がありました。さすが6年生は操作もスムーズで慣れたものです。

多久市】(佐賀新聞)「ロボット、家来になった!」 多久市で小学生向けプログラミング教室2022/7/23
ロボットを活用した「子どもプログラミング教室」が、多久市立中央公民館であった。市内の小学生と保護者の8組が参加し、ロボットに自己紹介させるプログラムを作りながら基礎を学んだ。

佐賀市】(佐賀新聞)火星探査ロボットできた! 佐賀市でプログラム入力体験 2022/7/23
宇宙や科学について学ぶ体験教室が、佐賀市の県教育会館で開かれた。小中学生がロボットを動かすプログラミング入力に挑戦。講師の北原達正さん(鹿島市出身)が「科学はアイデア次第。今あるものの次を作ろう」と語りかけた。

(佐賀新聞)小学生プログラミング学ぶ イラスト操作ソフトで実践 2022/7/25
佐賀県内の小学生がプログラミング作品のアイデアや完成度を競う「さがプログラミングアワード2022」(佐賀新聞社主催、公共デザインイニシアティブ共催、学映システム特別協賛)に向けた体験教室が24日、佐賀市の佐賀新聞社で開かれた。県内の小学生と保護者約20組が参加し、プログラミングの考え方やソフトの使い方を学んだ。

【佐賀県】(さがから)プログラミング親子で楽しもう 7月24日と8月11、21日 佐賀新聞社で体験教室 参加者募集 20
佐賀新聞社は、7月24日に(1)「プログラミングって何?知識ゼロからでも分かる体験教室」、8月11日・21日の両日に(2)「プログラミングアワード2022作品制作会」を佐賀新聞社本社で開催する。参加者は無料のプログラミングソフトを使用し、親子で一緒に楽しみながら学ぶことができる。

【佐賀県】