【宮崎市】
これまでの【宮崎市】関係のニュース
宮崎市立西池小学校 三角形を切って分けると… 2023年11月28日
2年生の算数は図形の学習でした。 三角形を直線で二つに切って分けるパターンは、 ・三角形と四角形に分かれるパターン ・三角形と三角形に分かれるパターン の2種類があります。 子供たちは、紙に印刷した三角形に、 定規と鉛筆で直線を入れ、どんな形ができるのか調べました。 そのあとの答え合わせが面白かったですよ。 代表の児童が、タブレット上の三角形に直線の切れ目を入れると・・・ テレビに映された三角形の切れ目に沿ってハサミが動いていき、 三角形が二つできました。 また、三角形と四角形が一つずつできるパターンもありました。 自分の操作が、簡単なアニメとなって表れるのは、 いかにも楽しい活動でした。

宮崎市立生目台西小学校 授業の様子 2023年12月12日
雨も上がり、暖かい1日でした。子ども達の授業の様子を紹介します。 タブレットを使って、観察したことがらを入力していました。タブレットの活用が低学年でも進んでいます。体育の時間では、持久走大会に向けての練習をしていました。日頃から行っている練習の積み重ねで、体力を高めてほしいです。算数の時間には、課題に対して、話し合いながら解決に向けた活動をしていました。いろいろな考えをもって話し合う活動は大切です。 今日も子ども達はがんばっていました。

宮崎市立宮崎港小学校 実習生の授業も変化! 2023年11月22日
今朝、1時間目に、実習生による算数の授業がありました。 以前の授業(5・6年前)と比べると、かなり違ってます。 授業の流し方も少しずつではありますが、変わってきています。しかし、ICT機器の効果的な活用には驚きです。 授業が終わりに近づくと、学習の確かめとして、練習問題をします。 以前は、前もってプリントを作っておくなどして対応していましたが、今はタブレットによる自由進度学習です。〇付けもできますし、どうしてもわからないときは先生に尋ねることもできます。

宮崎市立宮崎小学校 プログラミングにチャレンジ! 2023年12月06日
 昨日の3時間目の3年2組の授業風景です。この授業は、担任の山本先生の研究授業で、たくさん先生が参観しました。  授業の内容は「プログラミング」です。タブレットがあるので、教室でもできます。今日は「スクラッチ」というプログラミングのウエブアプリを使って簡単なプログラミングに挑戦しました。まず、スクラッチでどんなことができるようになるのかを動画で見ました。とても複雑なゲームから映画のような動画まで短い動画でしたが、そのすごさに見ている3年生の歓声が何度も起こりました。「あんなことができるプログラミングをやってみたい!」とみんなの期待が一気に高まりました。  今日は、その「はじめの一歩」で猫のイラストを画面の左右に動かしたり、猫の色や動きを変えたりしました。初めての子がほとんどでしたが、詳しいことは何も教わらなくてもどんどんプログラムを作っていきます。子どもの柔軟さは本当にすごいですね。「またやりたい!」と感想を書いていた子がほとんどでした。

宮崎市立宮崎西小学校 5年生 プログラミング学習  2023/12/13
12月5日(火)・7日(木)・8日(金)に、宮崎市教育情報研修センターの釘崎先生を招いて、5年生がプログラミング学習を行いました。 自分たちで考えたプログラミングでロボットを動かしました。 どうすれば道をまっすぐ進むのか、友達と考え、「動かしては考え、失敗しては考えてプログラミングのやり直し」を繰り返していました。 非常に楽しそうに学習していました。

宮崎市立赤江東中学校 研究授業 2023年11月4日
2日(木)の午後、保健体育科の研究授業が3年生で行われました。宮崎地区内の中学校から、たくさんの先生方が参観に来られました。内容は、環境問題について各自ができる取組を考えるものでした。生徒は、タブレット端末のロイロノートを活用し、真剣に課題と向き合い一生懸命に考え、意見を交流し合っていました。授業者の先生、生徒の皆さん、お疲れ様でした。

宮崎市立加納中学校 宮崎市学びの確認テスト 2023年9月28日
今週の25日(月曜日)から29日(金曜日)にかけて、AI型ドリル教材(キュビナ)を活用し、基礎的・基本的内容の定着を図る『第1回宮崎市学びの確認テスト』が行われています。 加納中学校では、先日の水曜日に1・2年生がタブレットを活用して、英語・数学の基本的な問題を中心にキュビナの問題に取り組みました。 確認テスト後は、キュビナを授業や家庭で活用して、学力向上に活用していきたいと思います。

宮崎市立青島小学校 新しいアイデアを! 2023年9月1日
「ラテラルシンキング」をご存じですか?異なる視点やアプローチを組み合わせることで、新しいアイデアや解決策を見つける手法です。私たちの生活は、新しいアイデアのおかげでますます快適に、便利になっています。  5・6年生はこの手法を用いて、地域にある「こどもの国」の再生に挑みます。どのような新しいアイデアが生まれるかとても楽しみです。

宮崎市立穆佐小学校 オンラインのテスト 2023年8月30日
8月30日(水)に、3年生から6年生の児童を対象にオンラインのテストを行いました。(1・2年生は、オンライン接続の確認のみを来週行います。)  児童がタブレットを自宅に持ち帰り、学校にいる担任の先生とズームでつなげて、オンラインでのやり取りをしました。今回は、音声や画像、動画などの通信が正常にできるかどうかのテストとして実施しました。今後、対面での授業が難しくなった場合に、学校と児童をオンラインでつないで授業を行うことも考えられます。そのような事態にも対応できるように、普段からタブレットを積極的に授業に取り入れています。

生目小学校 タブレットの活用2023/8/29
各学年で、その発達段階に応じてタブレットを活用しています。2年生は国語、5年生は算数、6年生は学級活動の時間にタブレットを使って学習する姿が見られました。これからは、タブレットを文房具の一つとしてとらえ上手に使いこなしていく力が求められています。いろんな授業で積極的に活用してほしいと思います。

端末整備状況

【宮崎市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ