【対馬市】
これまでの【対馬市】関係のニュース
対馬市立鶏鳴小学校 修学旅行 2023年10月26日
鳥栖小学校との交流をさせていただきました。 花のアーチで迎えていただきました。 お互いの学校について紹介し合いました。 鳥栖市教育委員会の方から、鳥栖と対馬の関わり、歴史の縁について、お話していただきました。 鶏鳴小からは平和学習で学んだことを発表しました。タブレットでわかりやすい説明をがんばりました。 体育館を出て外でも交流しました。 ドッジビーをしたり、 玉入れをしたり、 ボールを使っての缶けり遊びをしたりしました。 鳥栖小のみなさんの温かい関わりのおかげで、いい交流ができました。 鳥栖小のみなさんに感謝です。 ありがとうございました。

鶏鳴小学校 なわとび記録会に向けての練習2023/10/4
来週のなわとび記録会に向けての合同練習が始まっています。上学年と下学年がペアになって記録会を実施します。上学年は、下学年の跳んだ秒数や回数を記録していきます。学年によっては記録するのにタブレットを使います。こんな使い方もあるのかと感心します。下学年の手本となるようがんばって跳ぶ上学年の姿はたのもしく感じます。本番に向けて、各学年で取り組んでいきます。当日は、応援をよろしくお願いいたします。

対馬市立鶏鳴小学校 タブレットのAIドリル 2023年09月25日
22日、2年生が2クラス合同で、タブレットを使った学習をしていました。 今日はタブレットに入っているAIドリルを使っての学習です。 AIドリルを使うためには、IDとパスワードを入れなければなりません。 IDは数字5、6桁ですが、パスワードが英数字、大文字小文字入りなので、入力に苦労します。 (パスワードの例:t8G1sdQ) 一度入力が成功すれば、タブレットが記憶してくれますが、2年生にはなかなか難しそうです。 配られた紙を見ながら入力し、それでもうまくいかないときは、友達同士で教え合います。 「困る、うまくいかない」ときは、人と人との交流が生まれます。 この「うまくいかない」経験は、子どもにとってとても大切です。 IDとパスワードがうまく入力できると、次に進めます。 いろんな問題を自分で解くことに夢中になっていきます。 100点がとれるととってもうれしそうです。 タブレットもうまく使いながら、一人一人の力を伸ばす2学期にしたいと思います。

鶏鳴小学校 ナップザック作り2023/9/21
6年生が、ミシンなどを使って家庭科の学習をしています。針で縫ったり、ミシンで縫ったりする裁縫の学習です。初めて使うミシンはなかなか難しいものです。どきどきしながら、作業していきます。友達に教えてもらったり、手伝ってもらったりしながら、使い方に慣れていきます。難しい作業ですが、子ども達は楽しそうです。タブレットでミシンの使い方動画も参考にします。これは、わかりやすく、自分のペースで理解できます。先生方も手伝いに来てくださっていました。真剣に制作を続けます。このナップザックは、修学旅行に持っていき、小バッグとして活用します。使える物に仕上げねばなりません。すてきなナップザックの完成が楽しみです。

鶏鳴小学校 野菜のたねまき2023/9/6
4年生が、総合的な学習の時間「食べ物、ばんざい」の学習で、野菜作りをします。6日、今日は、野菜のたねまきをはしました。昨年度から、野菜の育て方を子ども達に教えていただている講師の方に、今年もおいでいただき、お世話の仕方などを教えていただきました。講師の方には、種を植えるための細やかな準備等を教えていただきました。自分でやると、結構、適当に植えてしまう部分があったなあと感じました。それぞれの野菜の特性を考えながら、植えてあげることが大切なことを子ども達も肌で感じました。教えてもらったように、種をまくために、ていねいに溝を作っていきます。やさしくやさしく種をまいていました。しっかり、水をあげます。種が浮かないように、ていねいに揺らしながら水をかけていきます。タブレットでもしっかり記録をとっていました。にんじん、かぶ、だいこん、ねぎ、じゃがいも、レタスなど、たくさんの野菜が実るのが楽しみです。自分で作った野菜は、本当においしいと感じるから不思議です。大切なことやさしくていねいに教えてくださった講師の先生、ありがとうございました。これからしっかりお世話をしていきます。

端末整備状況

【対馬市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ