【諫早市】
これまでの【諫早市】関係のニュース
諫早特別支援学校 訪問教育(みさかえ地区)遠隔授業
感染症予防のため訪問による授業はできていませんが、むつみの家の協力を得て5月末より遠隔での授業を行っています。週1~2回、1回15~30分という限られた時間の中ですが、絵本の読み聞かせをしたり、音楽を聴いたりしながら過ごしています。タブレットPCから聴こえてくる教師の声や音楽に頭や視線を動かして探す様子が見られたり、笑顔になったりと楽しみながら学習をしています。

高来西小学校 朝の会・6年生算数・GIGA一人1台端末  2021年4月13日
また、6年生は5時間目と6時間目の時間を使って、GIGAスクール構想により配付された一人1台端末に初めて触れました。諫早市教委の方々も来校され、サポートしていただいたのですが、お話によると、本校の6年生が、諫早市で一番初めて使うことになったようです。今回導入されたのはchromebookはノートパソコンのようですが、液晶画面を360度回転させるとタブレットモードにもなります。すぐに慣れ、子供の中には自由自在に使いこなす人もいました。

(PDF)諫早市教育委員会議事録 令和2年第7回(6月定例)
諫早市のGIGAスクール構想の実現に向けた取組に関する質疑が掲載されています。

(PDF)諫早市教育委員会議事録 令和2年第11回(10月定例)
諫早市のGIGAスクール構想の実現に関する質疑が掲載されています(8~9ページ)。

情報モラル・セキュリティコンクール 石橋さん(西諫早中1年)全国最優秀賞(長崎新聞)
標語部門 いいねより いいよねと話せる 友がいい  全国の小中学生らに公募した「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」標語部門で、長崎県諫早市立西諫早中1年の石橋蘭さんの「いいねより いいよねと話せる 友がいい」が、全国表彰の最優秀賞「独立行政法人情報処理推進機構賞」に輝いた。

端末整備状況

【諫早市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ