【松山市】
これまでの【松山市】関係のニュース
金生第一小学校 芽が出たよ! 2022/7/15
生活科で育てているアサガオの観察をしているのかと思ったら、一人一人がクロームブックを開き、学習支援サービス「eライブラリ」を使って、ドリル教材に挑戦中でした。子どもたちは、「eライブラリ」の学習をすると、少しずつ木が育っていくことを嬉しそうに話していました。1年生も、1人1台端末を使って、楽しく意欲的に学習しています。

余土小学校 ロイロノートで発表!!(5年生)2022/8/9
ロイロノートの活用の様子を紹介します。1学期の5年生の社会では「寒い土地のくらし(北海道)」と「あたたかい土地のくらし(沖縄県)」の学習をしました。それぞれの道・県の気候や家の様子、産業や観光について学んだ子どもたちは、単元の終末に観光パンフレットをつくることにしました。一人一台のタブレットパソコンからロイロノートにログインして作業を始めます。インターネットを使って、自分が調べたいことを検索したり、写真やグラフ等をパソコン上のノートに張り付けたり、紹介文や感想などの記事を書いたり、全てタブレット上での作業です。

難波小学校 7/5(火)3・4年生チャレンジテスト 
3・4年生が2時間目に「チャレンジテスト」を行いました。先日5年生が行った県学力診断調査と同じ、愛媛県の「EIRS=エイリス」というシステムによる、タブレット端末を使って行うテストです。児童たちは初めに先生から説明を聞き、時間になったら集中して問題に取り組んでいました。

(愛媛新聞ONLINE)変わる教室 広がる学び 県内ICT教育の現場から 2022/7/20
「GIGAスクール元年」といわれた昨年度から、1人1台のパソコンやタブレット、ネットワークなどの情報通信技術(ICT)が県内の小中高校でも本格導入されている。生徒が各自の端末で打ち込んだ意見を電子黒板で共有し、考えを深めた授業。従来の黒板も併用している。

余土小学校 水のおはなし教室(4年生) 2022/7/7
松山市公営企業局の職員のみなさんをゲストティーチャーとしてお迎えして、松山市の水道について教えていただきました。動画やスライド、実験を交えた教室に、子どもたちも熱心に学習を進めていました。タブレットパソコンを使って、水に関するクイズにも参加しました。

端末整備状況

【松山市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ