【防府市】
これまでの【防府市】関係のニュース
防府市内児童生徒1人1台のタブレット端末9000台が、11月頃より配置開始
2019年6月議会で、ICT教育の必要性を訴え、端末台数など環境整備が遅れていることを指摘。「GIGAスクール構想」実現事業として、11月頃より配備開始予定。

大道中学校 タブレットで学習
 1人1台のタブレットの配布が始まりました。まずは3年生からです。3年生の教室にタブレットの保管庫ができたら、3年生が1人1台のタブレットで学習していきます。12月中旬の予定です。しばらくは、どのように授業でタブレットが活用できるか他学年でも試しています。グループで1台から1人1台。楽しみです。1,2年生は2月頃の予定です。家庭への持ち帰りも市教委で検討されていますが、当分は学校だけでの活用です。 

華浦小学校 洗心12月号 学校内の様子
11月末に、「GIGAスクール」の一環として、6年生84名分のipadが届きました。

華浦小学校 洗心12月号 学校内の様子
11月末に、「GIGAスクール」の一環として、6年生84名分のipadが届きました。早速、授業の調べ学習などで活用を始めています。他の学年分は後日なので、しばらくは、他学年も共用させたいと思っていますが、将来的には「1人1台」の体制が整うことになります。

防府商工高校 タブレット端末を導入
防府商工高校では、初めて生徒たちに端末が配られた。13日、県教育委員会の職員が講師となり、防府商工高校の3年生に講義を行った。

端末整備状況

【防府市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ