【山口市】
これまでの【山口市】関係のニュース
野田学園 (山口新聞)山口・野田学園で外交官とオンライン授業
デンマーク大使館に勤務する外交官から仕事内容や体験談を学ぶ外務省主催のオンライン講座が15日、山口市野田の野田学園であり、中学3年の国際的な教養に重点を置くクラスと高校1、2年の生徒計約570人が参加した。

(PDF)令和2年第16回教育委員会(定例会)
山口市の1人1台端末調達に関する質疑が掲載されています(2~3ページ)。

野田学園中学校・高校 (ICT教育ニュース)Chromebook+Monacaで身の回りの課題への気づき、探究能力を育む
野田学園中学・高等学校は、山口県山口市にある創立143年の歴史ある私立校。2016年度から中学校の生徒1人1台にiPadを、2019年度からは高等学校生徒に年次進行でChromebookを導入。いち早く整備したICT学習環境を活用し、時代の求める資質・能力を持つ人材を育成する。ChromebookとMonacaを活用し実践的で活気あふれるプログラミング授業を行なっている、宮原秀貢教諭に話をきいた。

(サンデー山口)2021年度は「暮らしを守り 未来を築く」予算
ICTを活用した教育の推進(2021年3月中にすべての小中学校に一人1台配備されるパソコンなどを活用した学習活動の充実、1億5727万円)、小・中学校と保護者との連絡手段のデジタル化(700万円)などが紹介されています。

富野中学校 3年生技術科の授業、全員がタブレットを用いて授業に臨んでいます。
各教科の特性等もありますが、不易と流行を見据えた上で、ICTを有効活用した教育活動は、今後欠かすことができません。

端末整備状況

【山口市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ