【下関市】
これまでの【下関市】関係のニュース
室津小学校 タブレットでお絵かき(1・2年図工)
2学期に入り、ついに1・2年生もタブレットデビュー!図工の時間にタブレット操作の練習も兼ねて、タブレットでお絵かきをしました。

養治小学校 デジタル機器を使って学ぶ
今、校内をグルッと回ると、タブレット端末や電子黒板が大活躍しています。もちろん紙ベースとの併用ですから、紙媒体の教科書やノートもしっかりと使って学習に取り組んでいます。(丁寧に書くなどは、やはり基本中の基本になります。)

室津小学校 学びあい・関わりあいを大切に(6年)
現在、個々へのタブレットの導入により、6年生でもロイロノートの積極的な活用にも努めています。様々なツールを有効に活用しながら充実した学びになるようにこれからもしていきたいと思います。 

西市小学校 ICタブレットの効果
GIGAスクール構想により、一人一台ICタブレットが導入されています。学年の発達段階に応じ徐々に活用を始めているところです。6年生では、図工科で使っています。「自分のお気に入りの場所」をテーマにスケッチします。その際、その場で実際に風景を見ながら描くことに加え、タブレットで画像に撮って、それを見ながら描くことができます。風景を平面でとらえて見ることができるので、とても効果的です。

内日小学校 子供たちへタブレットが配付される裏にある苦労
昨年度末から、公立の義務教育の学校の全ての子供たちにタブレット端末が無償貸与され、本校の児童もその恩恵にあずかっています。しかし、タブレットの配布にあたって、私たちの見えないところで準備、設定、国や納入業者との事務手続などの、想像を絶する膨大な手間をかけている教育委員会の様子を知り、ただ、ただ頭が下がる思いです・・・

端末整備状況

【下関市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ