【奈良市】
これまでの【奈良市】関係のニュース
奈良市立東登美ヶ丘小学校 1月29日(月)6年生の理科の授業 ほか 2024年1月29日
今日の1,2時間目に、6年生の理科の授業を見に行きました。 6つのなぞの水溶液を、実験を重ねて判別していく授業でした。 実験は、グループによって違います。必要な道具を選んで持っていきました。実験開始です。 それぞれのグループで、予想に合わせて実験を進めていきました。 実験結果は、タブレットで写真を撮って、まとめの資料として使います。実験が終わり、予想したフローチャートを見ながら、結果のフローチャートを作成しました。 そして、タブレットで、結果と考察をまとめていました。 次の時間には、続きをして完成させたあと、グループごとに発表します。 グループごとにどんな実験をして、その結果どのようなことがわかったかを、比較して考えます。 この後の学習も楽しみです。 また、6年生は、社会福祉協議会の方に来ていただき、ユニバーサルスポーツにも挑戦しました。 障害のある人とも一緒に楽しめるスポーツがあることを知りましたね。 もし、みなさんが、そのようなスポーツを考えるとしたら、どんなスポーツを考えるでしょうか。 今日は、低学年のなわとびチャレンジがありました。 担任の先生たちも様子を見に来ていました。 みんな、一生懸命跳んでいました。 教室に帰ってからも、結果をお互いに伝え合っていました。 みんなよく頑張りました!

奈良県立山辺高等学校 プログラミング教室(福住小中学校) 2023年12月8日
天理市立福住小中学校で、プログラミング教室を行いました。 本校パソコン部とISプログラミング班の生徒8名が、小学5年生、6年生にスクラッチを用いて、ゲームを作りを指導しました。 3-2福井くんが前に出て、ゲーム作りを説明しました。 はじめは、緊張していたけれども、周りのサポートのおかげで、楽しく終わることができました。 ご協力いただいた福住小中学校の先生方、本当にありがとうございました。

奈良育英高等学校 EUがあなたの学校へやってくる 講演会 2023年11月15日
11月9日(木) 高校1年生・2年生を対象に、『EUがあなたの学校へやってくる』の講演会を本校体育館で行いました。 オランダ大使館のマーク先生をお招きし、EUの成り立ち、EXPO2025、これからの若者の役割等についてご講演いただきました。 まず、EUに加盟している27国と日本の大きさの対比を経て、EUで使用されている言語や共通の通貨の紹介。 そして国や人同士が衝突をするのではなく、協力することが大切であると気付き、その想いからEUができたという歴史的な背景を教えてくださいました。 欧州連合(EU)は2012年にはノーベル平和賞を受賞しています。 このことから、国境ない社会を構築し、欧州の平和と和解を進めていくことが世界でも認められたと言えます。 その後、世界平和におけるEUの役割を基に、人権や人種・ジェンダーや飢餓など様々な地球上に起こっている問題に対して、その取り組みを説明をしていただきました。 また、EUと日本の関係性について、日本が中国に次ぐ貿易国であり、密接な関係にあることがわかりました。 環境に対する実情においても、国々のセキュリティー協力、エネルギー資源を大切に使うことは重要な課題です。 2025年には日本の大阪でWorld Expo2025が開催されます。 オランダは共に分かち合い、共に新しい価値を生み出すCommon Groundというパビリオンを出展し、世界一丸となって地球の問題や課題に取り組む意図を示されました。 私たちが共に住む地球。世界の人とともに健全に過ごしてく志の重要性を確認し、講演を締めくくられました。 質疑応答の時間では、「EUに一番早く今後入ってくる国」「EUにおけるオランダの役割」「日本とEUの関係」「ウクライナの今の状況や戦争に対するEUとしての考え」など、様々な質問がされました。 マーク先生は自分の思いと社会の状況を交えながら、生徒と向き合って丁寧に回答してくださいました。 高校2年選抜コースの生徒とのグループ討論では、ジェンダーの課題において生徒自身でできることは何か、様々な意見を出し合いました。 オリンピックで男女一緒にできる競技を増やす工夫をすること、男女の役割の違いに対する固定概念を壊すブレインストーミングをすること、社会的地位の在り方を根本から見直すことなど、解決策を生徒は提案しました。 現代の問題を自分事として見つめ、解決策を周囲と協力しながら導き出す時間となりました。 マーク先生の最後のメッセージとして、「これからの社会を生きる皆さんは、仲間たちと一緒に世界を支え、大切にし、協力をするすばらしさをかみしめながら歩んでほしい」と伝えていただきました。 社会の担い手である者が、互いに過ごしやすく優しい社会を築く重要性を再認識しました。 心を一つにして世界の諸問題に向き合い、協力しながら解決していくこと。 今後も真剣に考えていきたいと思います。 本日は本当にありがとうございました。

奈良市立 一条附属中学校 オンライン英会話の実施について 2023年11月21日
11月14日(火)、11月16日(木) 11月14日(火)に中学2年生が、11月16日(木)に中学1年生が、フィリピンのセブ島にいる講師と接続して、生徒4人を1グループとしたオンラインによる英会話レッスンを実施しました。 生徒達は、当初緊張した様子でしたが、時間がたつにつれ笑顔も増え、講師と楽しくコミュニケーションをとっていました。

奈良市立東登美ヶ丘小学校 11月22日(火)クラブ活動 他 2023年11月22日
今日は、クラブ活動がありました。 【球技クラブ】キックベースボールをしていました。 【サッカークラブ】2チームに分かれて試合形式を行っていました。 【パソコンクラブ】カレンダーを制作中です。季節のイラストを上手に作っていました。 【絵画工作クラブ】 消しゴムはんこを作っていました。かなり凝った図柄もありました。みんな上手です! 【バスケットボールクラブ】こちらは、試合をしている人と、ドリブルなどを練習している人に分かれて活動していました。 【陸上クラブ】今日は、リレーのようでした。バトンゾーンをうまく活用できるかな? 【手芸クラブ】フエルトを組み合わせて、すてきな作品を作っていました。 【将棋・オセロ・カルタクラブ】どれもいい勝負をしていました。 【科学クラブ】ストロー笛を作っていました。いい音が出ていました。 【卓球クラブ】ペアで試合形式をしていました。 【バドミントンクラブ】ネットを挟んで打ち合う人と、ネット無しで打ち合う人、場所を順番に変えながら活動していました。 【音楽ダンスクラブ】校長先生の前で踊ってくれましたが、写真を撮るのを忘れていました。とても上手に踊っていました!次回の3年生のクラブ見学に向けてがんばっていました! 今日は、4年生の授業を見に行きました。 防災の学習です。災害が起きたときに自分にできることを考えました。 「やりたいことは何かな?」 「やりたくないことってある?」 先生が尋ねると 「トイレ掃除はやりたくない」「けが人の世話もやりたくない」 自分たちの意見をグループで交流しました。 「一番やりたいのはお弁当を配ること」「ぼくは、一番やりたくない。」「なぜ?」 いろいろな考えが出ました。 最後に、8歳や11歳の人が実際に災害にあったときに行ったことを知りました。 「これを読んでどう思いますか?」 最後に振り返りを書きました。それぞれどう思ったでしょうか?

端末整備状況

【奈良市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ