【高槻市】
これまでの【高槻市】関係のニュース
(City Life News)高槻のGIGAスクール構想 教員が「新時代の学び」を研究
2019年12月に文部科学省が発表した「GIGAスクール構想」。2023年までに小中学校で学習用端末を1人1台導入し、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することで、子供たちを誰一人取り残すことのない環境を実現することを目標としている。これに伴い、各自治体で達成に向けた取り組みが行われている。今回は高槻市を紹介しよう。

北日吉台小学校 2021/05/14【第2回委員会】
GIGAスクール構想で導入した児童用端末(chromebook)を活用し、委員会を進めていきました。アプリ(jam board)を使い、意見を書いた電子付箋を電子ホワイトボードに貼り付けていきました。

高槻市教育センター 高槻市GIGAスクールの取組
高槻市のGIGAスクール構想の実現に向けた取組を紹介するWebサイトが公開されています。

令和の時代を生き抜くために 市立小中学校の児童生徒1人1台のタブレット端末を整備
さて、今回の「こちら部長室」では、これからの教育を大きく変える「GIGAスクール構想」についてご紹介します。

第3回誌上検討会 大阪府高槻市立五領小学校の授業から学ぶ
3回目の「誌上検討会」です。今回は、「主体的・対話的で深い学び」を実現するための授業改善の視点として、「ICTの効果的な活用〜つながりを学びの力に、学びの中からつながりを〜」を掲げて研究を蓄積してきている、大阪府高槻市立五領小学校の取り組みを取り上げます。

(PDF)高槻市GIGAスクール構想(1人1台端末環境の活用)の取組 ~全ての子どもたちの可能性を引き出す学びの実現に
高槻市GIGAスクール構想に関する保護者向けリーフレットが公開されました。

第6弾補正予算が可決・成立。小中学生のご家庭にオンライン学習環境の整備へ
2020年12月16日(水)市議会本会議にて、新型コロナウイルス感染症関連を含む補正予算が可決・成立されたそうです。 

小中学生のご家庭にオンライン学習環境を整備
本市では、国が掲げるGIGAスクール構想に基づき、全市立小中学校の児童生徒に1人1台のタブレット端末整備を進めています。この整備と併せて、Wi-Fi環境のないご家庭の児童生徒に対して、モバイルルータの貸出と通信費の支援を行い、学校の臨時休業時等に全児童生徒がオンライン学習などを行えるよう、通信環境を整備します。

(PDF)GIGAスクール構想に伴う情報機器の購入
GIGAスクール構想に伴う情報機器の購入に係る入札結果が公表されています。

高槻市GIGAスクールサポーター配置業務委託に係る公募型プロポーザルの実施について(参加表明書等提出期限:令和2年12月
学校におけるICT化を推進する上で必要不可欠なICT環境整備の設計やマニュアル等の作成、端末導入時及び導入後の初動期における学校現場でのICTを活用した授業の展開に対して、GIGAスクールサポーターを配置し、日常的にICT環境を効果的に活用できる体制を整えるものです。

端末整備状況

【高槻市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ