【豊中市】
これまでの【豊中市】関係のニュース
大商学園高等学校 CREATE THE NEXT 2022 (2022年11月19日(土))
大商学園高等学校様初のICT公開授業・教育関係者対象セミナーで、今回は多くの自治体で導入されているロイロノートスクールと共催します。本校には関西で最も多いロイロ認定ティーチャーが在籍しており、認定ティーチャーを中心に午前中は公開授業を行います。午後のセミナーではGoogle認定イノベーターである和田誠先生をはじめ、全国で活躍されている先生方の登壇を予定しています。ICTはもちろん「探究」「観点別評価」「外部連携」など幅広いテーマで実施します。

大池小学校 先生たちの宿題 2022/8/1
夏休み、先生たちもみんなに負けず勉強中です!ICT研修、アレルギー研修、人権研修、いじめ不登校研修、ビジネスマナー研修を受け、新学期に備えます。

(PDF)豊中市立小学校『タブレット活用のルール』について
学習内容をよく理解し、より豊かな学びにしていくために、タブレットを上手に活用していくことが大切です。タブレットはみなさんの学習に役立てるための道具です。便利な道具ですが、使い方によっては心配されることもたくさんあります。そのため、豊中市では、『タブレット活用ルール』を定めました。みんなでこのルールを守り、タブレットを「安心・安全・快適」に学習に活用、な学びを深めていきましょう。

少路小学校 2年の教室では(図工・生活の授業) 2022/4/27
2年の図工の授業では、竹の子を絵を描いていました。タブレットや大型モニターで竹の子の写真を見ながら描いていました。少路小学校おやじの会のみなさんが竹林清掃の活動を行うと聞き、竹の子をお願いしたところ、大きな竹の子を持ってきていただきました。2年生の子どもたちは、実物を間近で見ることができると同時に、自分の描いた竹の子を比べることができたり、実際に竹の子のにおいや手触りを感じることもできたのではないかと思います。小路小学校おやじの会の皆さま、子どもたちのためにありがとうございました!

(PDF)庄内南小学校 学校だより 令和4年3月2日
学習で使用しているタブレットは大切に扱ってください。 昨年度導入された iPad(タブレット)ですが、年度末は更新作業が必要です。更新後、1年生~5 年生は、引き続き同じものを使いますが、6 年生は個人のデータをすべて消去して返却してもらいます。(3 年生はカバーを高学年用に交換します。) 操作への慣れとともに、タブレットの破損件数も増えています。高額な品物です。大切に使用していただきたいものです。また、充電ケーブルを紛失または破損された場合は、ご家庭で購入していただくことになっております。タブレット本体にはっているシールは、故障時の対応に必要です。はがさないようにしてください。

端末整備状況

【豊中市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ