【各務原市】
これまでの【各務原市】関係のニュース
GIGAスクール構想における各務原市の取り組み
現在、各務原市でも、1人1台端末(iPad(アイパッド))と通信ネットワークの整備を進めています。また、市内の教員などで構成された「新しい学習スタイルを創造する会」において、学校や家庭におけるiPadの活用などについて幅広く議論を進めています。iPadを活用することで、一人一人のペースやニーズに合った学習や、興味や関心に沿ってじっくりと調べる学習、調べた情報を活用する学習など、新たな学習の広がりが期待できます。こうした学習を通して、情報活用能力を活かして自ら学ぶ子どもの育成を目指します。

尾崎小学校 タブレットを一人に1台ずつ貸し出しました! ~タブレット貸与式~
先日お知らせしたように、各務原市から一人1台ずつのタブレットが貸していただけることになりました。そこで、各務原市教育委員会の横山事務局長様、学校教育課の青井主事様にお越しいただいて、タブレット貸与式を1時間目に行いました。

那珂第三小学校 新しい学びのツール 一人一人にタブレットが
本日、タブレット貸与式を行いました。市教育委員会教育長から校長へ、校長から児童代表(計画委員長)へ、そして教室では担任から一人一人の子どもにタブレットが渡されました。使い方のルールを聞いた後、早速電源を入れ、学年に応じた学習ソフトを使ってタブレットを体験しました。

那加第三小学校 まもなくiPadが一人一人の手に
国が推し進める「GIGAスクール構想」。義務教育を受ける児童生徒のために1人1台の学習者用PCと高速ネットワーク環境などを整備する5年間の計画です。各務原市の小中学校にもいよいよ導入されます。

那珂第一小学校 子どもの学びをより豊かに楽しく―iPad貸与式
各務原市教育委員会より教育長様や指導係長様にご来校いただき,「iPad貸与式(アイパッドたいよしき)」を行いました。

端末整備状況

【各務原市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ