【朝日町】
これまでの【朝日町】関係のニュース
(中日新聞)教育にデジタル推進 朝日町教委が新年度 2022/3/10
朝日町教委は二〇二二年度から、AI学習ドリルや一流講師による双方向型遠隔オンライン授業、本年度整備したアクティブラーニング室の本格運用を柱にした教育デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する。木村博明教育長が九日の町議会定例会で加藤好進議員(グループ22)の代表質問に答え、概要を説明した。(松本芳孝)AI学習ドリルは、経済産業省の「未来の教室」プロジェクト実証授業に三年連続採択された学習ソフトを小一〜中三の全学年で六月から使う。同ソフトは全国の百以上の自治体の千八百を超す学校で導入実績があるが、県内では初めての導入。当初は家庭学習や朝学習で使い、その後、授業に採り入れていく。

あさひ野小学校 (中日新聞)朝日で発見 新種アンモナイト 特徴や魅力 専門家に学ぶ あさひ野小児童 
朝日町の約一億八千五百万年前(前期ジュラ紀)の地層「来馬層群寺谷層」で見つかった新種のアンモナイトを学ぶオンライン授業が、同町あさひ野小学校と福井県立恐竜博物館をウェブ会議システムで結んであった。六年生二十五人が同館研究員(学芸員)の中田健太郎さんから、町で見つかった化石の魅力を教わった。

あさひ野小学校 (北日本新聞)朝日で化石 すごい あさひ野小 福井恐竜博物館授業 新種アンモナイト学ぶ
富山県朝日町のあさひ野小学校は19日、同町にある1億8500万年前(前期ジュラ紀)の来馬層群(くるまそうぐん)寺谷(て…

さみさと小学校 2021年7月6日 GIGAスクール構想 「タブレット端末を活用した学校生活」の放送案内について
明後日7月8日(木)には、以下の番組においてさみさと小学校の「タブレット端末を活用した学校生活」が紹介されます。ぜひご覧ください。

さみさと小学校 (PDF)5年生 タブレットを効果的に活用した学習(学校だより 令和3年6月)
理科の天気の移り変わりの授業で、タブレットPCを活用しました。国語科や算数科、外国語科では、学習者デジタル教科書を活用し、楽しく学習しています(2ページ)。

端末整備状況

【朝日町】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ