【朝日町】
これまでの【朝日町】関係のニュース
さみさと小学校 (中日新聞)タブレット活用 一歩先へ 健康観察や学校評価アンケなど
県内で最も早く全町的な小中学校のオンライン授業を実施するなど、情報通信技術(ICT)による教育が進んでいる朝日町のさみさと小学校は二十五日、タブレット端末を活用した学校生活を公開した。タブレットを教育に限らず、児童の健康観察や学校評価、学力向上アンケートにも活用している。 

(中日新聞)大雪なんの 遠隔授業 県内初の災害対応 家庭科、音楽も「スムーズ」
朝日町の二小学校一中学校は十八日、大雪により登下校できないため、学習用携帯タブレット端末で自宅の児童生徒と各校の教諭をつなぎ、学級ごとに遠隔・オンライン授業を実施した。町教委によると、災害対応の遠隔・オンライン授業は県内初となる。

大雪でオンライン授業 朝日町・県内初 全小中学生対象に
朝日町教委は18日、大雪時では県内で初めて、全小中学校を対象に家庭でのオンライン授業を実施した。 さみさと、あさひ野両小と朝日中の児童生徒計611人が、学校に配備されたタブレット端末を事前に持ち帰って使用した。

不登校や療養 ICTで学習支援 朝日町教委が遠隔授業、出席扱い検討
朝日町教委は3学期から、タブレット端末を使った遠隔授業などを試験導入し、不登校や軽微な病気で療養中の子どもたちの学習を…

朝日町で「デジ教科書」公開授業
教科書の内容をタブレット端末に取り込む「デジタル教科書」の研究校に指定されている朝日町の小学校で、子どもたちが1人1台ずつタブレット端末を使う公開授業が行われました。 

オンライン授業 課題は? 朝日町教委アンケート結果報告
朝日町教委は、八月六日に実施した町内一斉オンライン授業についての児童生徒、保護者のアンケートをまとめた。児童生徒の約九割が楽しさや学習内容の理解を感じた一方、「機器の取り扱いなどの点で小学校低学年だけの授業参加が難しい」と保護者が仕事を休んで子どもに付き添った例もあったなど、課題も浮かんだ。

朝日で一斉オンライン授業 全小中学校、熱中症対策にも
朝日町教委は6日、町内の全小中学校で児童生徒を対象にしたオンライン授業を行った。学校と各家庭をインターネットでつなぎ、子どもたちは自宅のパソコンで遠隔授業を受けた。全校一斉に実施したのは県内初。真夏日が続く中、自宅で授業が受けられるため、熱中症対策にも一役買う。

あさひ野小学校 オンライン授業学習会
7月21日、22日は、2~4年生のオンライン授業学習会が行われました。2日間に分けて、それぞれの学年ごとに親子でオンライン授業を体験していただきました。

友達・先生ネットでつながる 朝日・オンライン授業試験運用
町では現在2・5人に1台のタブレットを準備。来年4月までに1人1台とし、家庭への持ち帰りを予定している。 

端末整備状況

【朝日町】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ