【いわき市】
これまでの【いわき市】関係のニュース
植田中学校 日々の授業から(1年 英語) 2024年1月12日
 本校の各教科の毎日の授業では、電子黒板で生徒に教材として提示する「指導者用デジタル教科書」を日常的に活用し、学習内容の理解に役立てています。  本校の英語科では、「指導者用デジタル教科書」と併せ、「学習者用デジタル教科書」を導入しています。「学習者用デジタル教科書」は生徒が個別にタブレット端末を使って使用する教科書です。タブレット端末で音声を聞いたり、発音練習をしたり、単語等の反復練習に活用しています。  タブレット端末を持ち帰った際には、各家庭で英語の学習内容の予習・復習に活用することも可能です。  写真は、1月12日(金)の1年2組の授業の様子です。タブレット端末で「学習者用デジタル教科書」を出し、各自が英文の内容を確認したり、音声を聞いたりしているところです。

いわき市立平第一小学校 学校の様子から 2023年12月21日
今日の学校の様子です。 2学期も明日が最終日。明日も元気に登校しましょう。 PTA広報誌『あげつち』222号は本日発行です。 2学期の教育活動の様子はもちろん、創立150周年記念の特別ページもあり、今回もたいへん読み応えのある内容となっています。PTA広報委員会の皆さん、『あげつち』222号の作成、ありがとうございました。

福島工業高等専門学校 磐梯第一小学校でドローンプログラミングの出前授業を実施2024.03.28
3月12日(火)、磐梯町立磐梯第一小学校において、6年生18名を対象にドローン制御プログラミングの出前授業を実施しました。児童の皆さんは、はじめにドローンやプログラミングの基礎についての説明を聞き、その後4~5人のグループごとにScratchでプログラムを組んで「ミッション」の指示を達成するようにドローンを飛行させました。建物を模した構造物の上にドローンを着陸させたり、設定したコース通りにドローンを飛行させたりして、目標とする動作ができると拍手をして喜んでいました。各グループには本校電気電子システム工学科や専攻科の学生補助員が付いて、ドローンの動作トラブルへの対応やプログラムを考える上でのアドバイスを与えるなどしました。講座実施後のアンケートでは、「講座を楽しめた」、「プログラミングの仕組みが分かった」、「もっと長い時間やりたかった」などの回答がありました。今年度、電気電子システム工学科山田研究室では、県内の小中学校や公民館などでドローン制御プログラミングの出前授業を8回、本校での公開講座を1回実施しました。来年度も継続して講座を実施する予定です。

錦小学校 タブレット端末を使って(2年) 2023/12/11
2年生がタブレット端末を使って学習をしました。タブレットの中にあるドリルソフトを使って、漢字や計算などを行いました。一人一台の端末なので、これらを自分のペースで学習することができます。

いわき市立渡辺小学校 授業の様子  2023年12月21日
2学期も明日1日となりました。各学年では、最後のまとめやお楽しみ会が実施されました。 【1年生】  タブレットを使って、ミライシードのドリルパークから国語や算数のドリルに挑戦しました。問題に正解するたびにポイントが入り、子どもたちは歓声をあげていました。  タブレットに不具合があり、立ち上がらないものが数台あったため、使える人は声をかけて一緒に使うようにしたところ、「一緒にやろう。」と進んで声をかけてくれた子がほとんどで、優しい心が育っているようです。

端末整備状況

【いわき市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ