【邑南町】
これまでの【邑南町】関係のニュース
矢上高等学校 【普通科3年生】令和4年度「山陰探究サミット」で発表しました!2022年07月29日
7月26日「令和4年度山陰探究サミット」が開催されました。探究学習を推進している島根県内・県外の高校生が、学校や地域を越えて研究成果の発表を行い、学びを深めます。主催は島根県立出雲高校さんです。本年度初めてお招きいただき、本校から普通科の生徒2チームがオンラインで参加しました。☆矢上高校の発表☆矢高1班「高原山地の味結び~矢高生×たかはらんど×たたららんど~」矢高2班「フードロス~よりよい食と環境づくりを目指して~」他校のレベルの高い取り組みを知り、大きな刺激を受けました。ありがとうございました!

(PDF)令和3年度 町の予算書
今年度は、児童・生徒 1 人 1 台のタブレット導入に伴い、効果的な指導方法についてモデル校を指定し研究する ICT教育推進事業を行います。(37ページ)

(PDF)町議会だより おおなん No.73
邑南町のGIGAスクール構想の実現に向けた取組に関する質疑が掲載されています(8ページ)。

矢上高校 (山陰中央新報)フィンランドの高校生、矢上高生と動画で交流 
東京五輪・パラリンピックで邑南町がフィンランドのホストタウンを務める縁で、矢上高校(島根県邑南町矢上)の生徒が11日、フィンランドの高校生と動画を通して交流した。フィンランドでは新型コロナウイルスの影響でほとんどオンラインで授業を受けている現状を知り、学校生活の違いに驚いていた。

紀州くちくまの熱中小学校
授業では、オンラインで結ばれた島根県邑南町役場の職員、寺本英仁さんが、「A級グルメのまちづくり」の取り組みにより県外からの移住者が増えている現状を伝え、地域の活性化やこれからの地方の可能性について話しました。 

端末整備状況

【邑南町】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ