【湖南市】
これまでの【湖南市】関係のニュース
(中日新聞)<湖国の現場2021> 2学期制、導入いかに 湖南で新たに6小学校
湖南市の小学校9校のうち、新たに6校が本年度から2学期制を導入した。2学期制はこれで7校に。新型コロナウイルス対策に加え、評価方法の変化などで増す教員の負担を減らし、ゆとりを持って子どもと向き合うためという。教育現場はどう変わるのか。夏休みを翌日からに控えた二十日。市内の三雲小は終業式に代わり、校長室と各教室をオンラインでつないだ全校集会を開いた。「夏休みは漢字や習字を頑張りたい」。各学年の代表が、夏休みの目標を発表した。児童は八月末まで通常通りの夏休み。九月からも「前期」で、通知表をもらうのは九月末になる。

保育園など施設整備補助 湖南市予算案、小中校にICT支援員
新規事業ではほかにコミュニティバス車両の更新に千九百万円、小中学校の情報通信技術(ICT)支援員配置に千三百万円を計上した。

(令和2年11月19日入札予告) GIGAスクールサポーター配置業務委託
急速な学校のICT化を円滑に進めるため、GIGAスクールサポーターを配置する。

GIGAスクールサポーター配置業務委託(入札参加申込締切:令和2年9月10日)
詳細はWebサイトをご覧ください。

湖南市立小・中学校タブレット端末整備事業について
湖南市では、湖南市立小・中学校タブレット端末整備事業についてGIGAスクール構想における滋賀県共同調達協議会に参加しています。

端末整備状況

【湖南市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ