【山県市】
これまでの【山県市】関係のニュース
桜尾小学校 一人一台のタブレット
1月22日に、一人一台のタブレットを使用しました。まずはルールの確認をしました。情報モラルについてやタブレットの扱い方、インターネットを使用するときの注意点などを学習しました。個人持ちのタブレットになるので、取り扱いに十分注意していきたいと思います。次に、カメラを使ってみました。子どもたちは操作に慣れているようで、写真や動画を撮ることは問題なくできました。最後に、他のアプリを自由に使ったり、今後授業内で活用していく予定である「ロイロノート」の操作説明をしたりしました。まだ紹介しきれていない機能が多くあるので、時間を見つけてタブレットに触れる機会を増やし、効果的に活用できるようにしていきたいと思います。

いわ桜小学校 タブレットの活用 1年算数
1年生の算数でタブレットを使って考え方の交流をしました。どうしてたしざんの式になるのか、自分の考えを一人一人が自分のタブレット上にかき、担任へ提出します。発表をするときには、モニター画面に映し出された自分がかいた図を使って説明します。児童も教師も使い方に慣れ、効果的に使えるようになってきました。

美山中学校 校長の独り言20210107
昨年末にホームページではお伝えできませんでしたが,文部科学省のGIGAスクール構想により小中学校の全児童生徒にタブレットが用意されることとなりました。新型コロナウイルス感染症拡大により1年前倒しになったことで,タブレットの発注が集中し欠品状態になり,全国的に配備が遅くなったようです。本校は,山県市のご尽力で昨年内に全校生徒分が届きましたので,すぐに使い始めの授業を校長が行いました。

いわ桜小学校 (自治体通信)岐阜県山県市_企業が提供する教材でオンライン学習
岐阜県山県市でも、政府の要請に従って臨時休校を実施しています。山県市立いわ桜小学校では、毎週月曜日に担任が家庭訪問をして学習プリントを1週間分配布しています。次の月曜日には、さらに新しい1週間分の学習プリントを配布。同時に、前週のプリントを回収して、翌週月曜日に添削指導を行うようにしています。

市内の小中校に2000台配備 山県市がタブレット端末
小中学生に一人一台ずつ端末を配備する国の「GIGAスクール構想」で、山県市は今月、市内の全十二の小中学校にタブレット端末計約二千台の配備を完了した。活用に向けて各校で試行錯誤が続く中、同市伊自良南小では、五年生二十人が端末を使ってプログラミングなどに取り組んでいる。 

端末整備状況

【山県市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ