【川越市】
これまでの【川越市】関係のニュース
川越市版GIGAスクール構想について  保護者の皆様へ(ODF)
保 護 者 の 皆 様 へ 現在、川越市では全国すべての小・中学校が対象になっている「文部科学省 GIGA スクール構想」の実現に向けて、ICT 環境の整備を行っています。 この整備により、川越市では「児童生徒1人1台の端末配備」と「教室の無線 LAN 化」が実現し、ノートパソコンを活用した「個々の状況に応じた学習」や「学び合い」ができるようになります。 川越市立小・中学校では、児童生徒がこれからの社会で必要になる「情報活用能力」を ICT を活用して育んでいきます。

寺尾小学校 (PDF)川越市 GIGA スクール構想について(寺尾小学校だより 令和3年3月号)
以前からお知らせしていました児童用PC(Chromebook)が届きました。一人一台お渡ししますが、川越市からの貸与品ですので、保護者の方に同意書を提出していただいてから使用開始となります。まずは3学期中に子どもたちと一緒に触れながら丁寧な扱い方やルール、マナーを指導していきます。次年度はご家庭に持ち帰ることも想定し ていますので、使用法等の様々なご質問が出てくると思いますが、今後は教育委員会にも相談しながら、対応していきます。

(PDF)上戸小学校 うわど 令和3年2月1日
GIGA スクール構想に関する記事が掲載されています。

川越市のGIGAスクール構想への取組
川越市では、校内各教室からWi-Fi6による無線技術でインターネットに接続できるよう整備します。 また、児童生徒と授業を持つ教職員にGoogle社のOSを搭載した情報端末(Chromebook)を全員に貸与します。 これらの環境を活用し、未来社会を生きる上で当たり前にICTを活用できる児童生徒を育成してまいります。

【特集】はがき絵の「空」を集めて生徒をつなぐ美術プロジェクト…城西川越
城西川越中学校・城西大学付属川越高等学校(埼玉県川越市)は、新型コロナウイルス流行に伴う休校期間中、「僕たちの空はつながっている」と題した全生徒・教職員参加の美術プロジェクトに取り組んだ。

端末整備状況

【川越市】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ