【下仁田町】
これまでの【下仁田町】関係のニュース
(reseed)平井聡一郎先生と語る、教育委員会の取組みと新しい教育<1>下仁田町教育委員会 佐藤敦保氏(後編)教員の働
本企画では、教育ICTの環境構築と普及の先導者として全国をまわる平井聡一郎先生と、教育委員会で奮闘する担当者の方との対談から、自治体の教育ICTの取組みを探る。第1回目の対談は、群馬県下仁田町教育委員会 事務局 学校教育係 係長 佐藤敦保氏を迎え、オンラインで開催された。学校の学びを根本的に変える可能性のあるGIGAスクール構想。児童生徒1人1台の情報端末整備はほぼ全国の小中学校で達成しているが、その利活用の段階には大きな差が出始めている。そんな中、群馬県下仁田町は約人口7,000人、小・中学校1校ずつという小さな自治体ながら、ICTを取り入れた新しい学校教育の形を体現している。全国でも先進事例として注目される同自治体のICT教育はどのように導入され、浸透していったのか。後編となる今回は、教員の働き方改革と「アンラーン」の重要性、そして今後の課題について聞いた。

群馬県下仁田町教育委員会のGIGAスクール端末活用事例を公開
情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、GIGAスクール構想における1人1台端末のセキュリティ対策として、Webセキュリティクラウドサービス「i-FILTER@Cloud」GIGAスクール版を活用した群馬県下仁田町教育委員会の導入事例を、11月8日に公開したことを発表します。

群馬県下仁田町がGIGAスクール構想に対応し、「i-FILTER@Cloud」を採用
情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、群馬県下仁田町教育委員会(教育長:茂木 学、以下、下仁田町)のGIGAスクール構想における1人1台端末導入において、Webセキュリティクラウドサービス「i-FILTER@Cloud」GIGAスクール版が採用されましたことを発表します。

小学校でICTを活用! ~下仁田町立下仁田小学校~
平成29年度からICTを取り入れた授業を行っている下仁田小学校。ICTを活用した授業をのぞいてみました。

GIGAスクール構想に向けての下仁田町教育委員会の取り組み
下仁田町は群馬県南西部にある人口7200人弱、小学校1校、中学校1校の町です。教育ICTについては、平成28年度から検討を開...

端末整備状況

【下仁田町】の詳細な情報は基礎自治体教育ICT指数サーチ(岐阜聖徳学園大学 芳賀研究室提供)へ