Everyone Can Code プログラミング教育

■ Everyone Can Code プログラミングのWebサイト

Appleのプログラミング教育の考え方や想いをご覧いただけます。

プログラミングを教えることで、生徒たちは テクノロジーに必要な言語だけでなく、新しい考え方や アイデアを実現する新たな方法を学ぶことができます。
Appleが用意した2つのプログラムを活用すれば、 これから授業に導入する場合でも、生徒がSwift認定 資格の取得を目指している場合でも、プログラミングを スムーズに授業に組み込めます。
サイトはこちらから


■ Everyone Can Code 生徒の活動動画

世界中でSwift を使ったプログラミング学習が始まっています。生徒の活動の様子を映像でご覧いただけます。


■ Everyone Can Code アプリケーション作成

小学校プログラミング教育の実施をふまえ、文部科学省では総合的な学習の時間を活用し、探求活動の一環としてプログラミングを授業に取り入れることができるよう、35時間の指導案を公開しています。
総合的な学習の時間にプログラミングを取り入れる 指導案35時間は こちらから
(Everyone Can Codeを使った問題解決)


■ Everyone Can Code 授業用ガイドのブック

生徒用ガイド・教師用ガイドのブックをダウンロードできます。
ガイドブックのダウンロードはこちらから


■ Everyone Can Code アプリケーション・コンテストの開催ガイド

アプリケーションコンテストの企画から開催まで、それぞれの段階で活用できるリソースとカスタマイズ可能な素材をご紹介しています。
アプリケーションコンテスト開催ガイドはこちらから


■ Everyone Can Code Swift Coding Club のガイド

Swift Coding Clubでは、コーディングとアプリケーションデザインについて楽しく学ぶことができます。
Everyone Can Code Swift Coding Club のガイドはこちらから